ギターベース弦楽器 アコースティックギター エレキギター クラシック/フラメンコギター ベース/コントラバス ウクレレ バイオリン類 その他弦楽器 エフェクター アンプ/キャビネット ピックアップ/アッセンブリ 弦楽器用パーツ 弦楽器用アクセサリ/周辺機器 弦楽器用ケーブル/弦 ドラムパーカッション打楽器 ドラム エレクトリックドラム パーカッション 打楽器用機材/パーツ/アクセサリ ピアノキーボードシンセ ピアノ/電子ピアノ キーボード/電子オルガン/オルガン シンセサイザー/音源モジュール 鍵盤楽器用機材/パーツ/アクセサリ ブラス管楽器 サックス トランペット トロンボーン その他管楽器 管楽器用機材/パーツ/アクセサリ その他楽器 その他楽器 レコーディングMIDIPA機材 MTR/レコーダー ミキサー/コンソール オーディオインターフェイス プラグインエフェクト/アウトボード マイクロフォン モニタースピーカー/アンプ ヘッドフォン/イヤフォン リズムマシン/シーケンサー ケーブル/電源 DTM/DAWソフト/ソフトウェア音源 MIDI関連 PA関連 DJ関連 ターンテーブル/プレイヤー/CDJ/DVJ DJミキサー DJ用エフェクター/サンプラー デジタルDJ関連 DJ用パーツ/アクセサリ CDDVD書籍類 CD/DVD/書籍/楽譜/教則本
すべて 除外
キーワード
除外キーワード X
  1. >
  2. >
  3. フレットで覚える音楽の仕組み |音程について

マイページ

ギタ-テクニック

フレットで覚える音楽の仕組み
はじめに
第1回 ドレミから始めよう!!
フレット上の音名を自分のものにする
第2回 リズムは基本 【1】
音符の長さを理解しよう
第3回 リズムは基本 【2】
リズム・パターンを読んで弾いてみよう
第4回 曲の構成を読む
譜面の読み進め方をマスターする
第5回 音程について
音程の距離を正確に把握しよう
第6回 コードについて 【1】
コードはどんな仕組みで成り立ってるの?
第7回 コードについて 【2】
ちょっと難しいコードもじっくり理解しよう
第8回 コードの作り方~基本編~
指板上のどこでもコードが作れる
第9回 コードの作り方~応用編~
これで480個のコードを作れるようになる!
第10回 テンション・コードの作り方【1】
「テンション」を押さえる指を確保しよう
第11回 テンション・コードの作り方【2】
どんなコードでもその場で作り出せる!
第12回 コード進行について
まずは基本の「ダイアトニック・コード」から

第5回 音程について

『音程』とは、基本的に2つの音の“距離”と考えてよいでしょう。この“距離”をきちんと把握することは、「メロディ」や「ハーモニー(コード)」について理解していく上での、大切な基礎になります。
まず『音程』の呼び方、数字での数え方、そしてフレット上での位置関係を簡単にまとめておきたいと思います。
音程の教え方

基準音ドレミファソラシド
このように基準音(この場合は)から
数えた数字にを付けて、
1度・2度・3度・・・・・とする。

音程をあらわす用語

種類
記号
音程
完全音程      (パーフェクト・インターバル) 1度、 4度、 5度、 8度
長音程      (メジャー・インターバル) 2度、 3度、 6度、 7度
短音程      (マイナー・インターバル) 2度、 3度、 6度、 7度
増音程 aug(+) (オーギュメント・インターバル) 完全音程(P)又は、長音程(M)をさらに半音広げた音程
減音程 dim(-) (ディミニッシュ・インターバル) 完全音程(P)又は、短音程(m)をさらに半音せまくした音程
メジャーマイナーaugdim などコードネームと同じ用語を使うのでまぎらわしいが、ここではあくまで「音程」を表わす用語として用いる。混乱しないように!

上記の2つの“呼び方”をふまえて、1オクターブ間の「基準音となる“ド”からの『音程』」を半音ずつ順番に解説していきます。

完全1度(パーフェクト・1st)P1ユニゾン
完全1度基準音 P1=ユニゾン
P1ユニゾン
同じ音を “” と数える。
音程に “0” はないので注意。

指板上の例
1 指板上の例1 2 指板上の例2


短2度(マイナー・2nd)m2(nd)半音
短2度基準音 m2=半音
m2半音

指板上の例
1 指板上の例1 2 指板上の例2


長2度(メジャー・2nd)=M2(nd)全音
長2度基準音 M2=全音
M2全音
→
半音2つ =「半音2つ」の音程

指板上の例
1 指板上の例 2 指板上の例


短3度(マイナー・3rd)m3(rd)
短3度基準音 m3    m3
→
全音+半音の音程 =「全音+半音」の音程

指板上の例
1 指板上の例 2 指板上の例
※2弦をはさむと1
位置が変わるので注意


長3度(メジャー・3rd)M3(rd)
長3度基準音 M3
   M3
→
全音2つの音程 =「全音2つ」の音程

指板上の例
1 指板上の例1 2 指板上の例2
※2弦をはさむと
位置が変わるので注意


完全4度(パーフェクト・4th)P4(th)
完全4度基準音 P4
   P4
→
全音2つ+半音の音程

指板上の例
1 指板上の例1 2 指板上の例2
※2弦をはさむと1
位置が変わるので注意



増4度(オーギュメント・4th)aug4(th)+4(th)、♯4(th) 異名同音程
   
減5度(ディミニッシュ・5th)dim5(th)-5(th)、♭5(th)
※ここでのaugdimの記号は
コードを表わすものではない
aug4=dim5 異名同音程



→
全音3つの音程
  トライトーン
トライトーンは最も不安定な音程で、
今後“コード進行”などを学ぶ上で
重要になってくるので覚えておいてほしい
指板上の例
1 指板上の例1 2 指板上の例2
※2弦をはさむと1
位置が変わるので注意


完全5度(パーフェクト・5th)P5(th)
完全5度基準音 P5



→
全音3つ+半音の音程。ド・レ・ミ・ファ・ソと5つ数える間に「半音」を1つ含む
指板上の例
1 指板上の例1 2 指板上の例2
※パワー・コードの形
※2弦をはさむと1
位置が変わるので注意


増5度(オーギュメント・5th)aug5(th)=+5(th)、♯5(th) 異名同音程
   
短6度(マイナー・6th)m6(th)
短6度基準音 aug5=m6 異名同音程



→
全音4つの音程

指板上の例
1 指板上の例1 2 指板上の例2
※2弦をはさむと1
位置が変わるので注意


長6度(メジャー・6th)M6(th)
長6度基準音 M6



→
全音4つ+半音の音程。ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラと6つ数える間に「半音」を一つ含む

簡単な数え方
短3度(m3)
オクターブ上の(基準音)から
短3度下がる音程と考えてもよい。

指板上の例
1 指板上の例1 2 指板上の例2
※2弦をはさむと1
位置が変わるので注意


短7度(マイナー・7th)m7(th)
短7度基準音 m7



→
全音5つの音程

簡単な数え方
全音(M2)
オクターブ上の(基準音)から
長2度(全音)下がる音程と考えてもよい。

指板上の例
1 指板上の例1 2 指板上の例2
※2弦をはさむと1
位置が変わるので注意


長7度(メジャー・7th)M7(th)
長7度基準音 M7



→
全音5つ+半音の音程

簡単な数え方
半音(m2)
オクターブ上の(基準音)から
短2度(半音)下がる音程と考えてもよい。

指板上の例
1 指板上の例1 2 指板上の例2
※2弦をはさむと1
位置が変わるので注意


完全8度(パーフェクト・8th)P8オクターブ
完全8度基準音 P8=オクターブ

指板上の例
1 指板上の例1 2 指板上の例2
※2弦をはさむと1
位置が変わるので注意


順番に“1オクターブ間”の『音程』について解説してきましたが、すべての『音程』を並べておきますので、“「基準音」からの距離”や“各音程の並び方”などを比較してみて下さい。
基準音P1


 『音程』の距離感を正確に把握できることは、今後みなさんが『理論』を理解していく上で、非常に大切になってくるので、必ずギターを持って「響き」を確認しながら“数える”練習をして下さい。
指板上での位置関係も覚えてしまいましょう!
次回はいよいよ『コード』に入ります。


↑上へ
(C) 2001 D.C.T. Project.Co.,Ltd.