ギターベース弦楽器 アコースティックギター エレキギター クラシック/フラメンコギター ベース/コントラバス ウクレレ バイオリン類 その他弦楽器 エフェクター アンプ/キャビネット ピックアップ/アッセンブリ 弦楽器用パーツ 弦楽器用アクセサリ/周辺機器 弦楽器用ケーブル/弦 ドラムパーカッション打楽器 ドラム エレクトリックドラム パーカッション 打楽器用機材/パーツ/アクセサリ ピアノキーボードシンセ ピアノ/電子ピアノ キーボード/電子オルガン/オルガン シンセサイザー/音源モジュール 鍵盤楽器用機材/パーツ/アクセサリ ブラス管楽器 サックス トランペット トロンボーン その他管楽器 管楽器用機材/パーツ/アクセサリ その他楽器 その他楽器 レコーディングMIDIPA機材 MTR/レコーダー ミキサー/コンソール オーディオインターフェイス プラグインエフェクト/アウトボード マイクロフォン モニタースピーカー/アンプ ヘッドフォン/イヤフォン リズムマシン/シーケンサー ケーブル/電源 DTM/DAWソフト/ソフトウェア音源 MIDI関連 PA関連 DJ関連 ターンテーブル/プレイヤー/CDJ/DVJ DJミキサー DJ用エフェクター/サンプラー デジタルDJ関連 DJ用パーツ/アクセサリ CDDVD書籍類 CD/DVD/書籍/楽譜/教則本
すべて 除外
キーワード
除外キーワード X
  1. >
  2. >
  3. フレットで覚える音楽の仕組み |コードについて 【1】

マイページ

ギタ-テクニック

フレットで覚える音楽の仕組み
ドレミから始めよう!!
フレット上の音名を自分のものにする
リズムは基本 【1】
音符の長さを理解しよう
リズムは基本 【2】
リズム・パターンを読んで弾いてみよう
曲の構成を読む
譜面の読み進め方をマスターする
音程について
音程の距離を正確に把握しよう
第6回
コードについて 【1】
コードはどんな仕組みで成り立ってるの?
コードについて 【2】
ちょっと難しいコードもじっくり理解しよう
コードの作り方~基本編~
指板上のどこでもコードが作れる
コードの作り方~応用編~
これで480個のコードを作れるようになる!
テンション・コードの作り方【1】
「テンション」を押さえる指を確保しよう
テンション・コードの作り方【2】
どんなコードでもその場で作り出せる!
コード進行について
まずは基本の「ダイアトニック・コード」から

第6回 コードについて 【1】

みなさんが普段よく目にしている「コード・ネーム」には、たくさんの情報が含まれています。
その情報の読みとり方や、ルール、指板上でのコード・フォームの作り方などを説明していきたいと思います。前回、説明した「音程」を数字とらえることが、コードを理解する上で非常に大切になってくるので、よく復習しておきましょう。

コードとは?
コードとは、コードネームの最初のアルファベットの部分で表す“ルート”に3度(3rd)と5度(5th)を重ねた「トライアド(三和音)」を基本に、4つめの音(6度や7度)を加えたり、5度の部分を変化させたり、テンション(後述)を加えたりして作られています。それではまず、コードの基本となる「トライアド(三和音)」から話を始めましょう。

コード表記の見方・呼び方
Cm7(11)

変化和音やテンションなど
その他の情報を表す

そのコードの“ルート(根音)”
を表す

7th(メジャー・セブンス)や7th(セブンス)、
6th(シックスス)など4つ目に重ねた音を表す
メジャー・コードかマイナー・コード(m)かを表す。メジャー・コードの場合は何も書かない。

メジャー・トライアドとマイナー・トライアド

 Cコード
Cコード
5th 3rd ルート
トライアド
(三和音)
トライアド(三和音)は“ルート”と“3rd”、“5th”の3つの音でできています。

例えば『C』というコードは、ルートであるに「ド・レ・ミ」と3つ目まで数えた3rd “ミ”、さらに3rdから「ミ・ファ・ソ」と3つ数えた5th “ソ”という3つの構成音になるわけです。
ここでポイントになってくるのが3rdの音です。この3rdの音がコードの「メジャー(明るい響き)」と「マイナー(暗い響き)」を決めているのです。
3rdがルートから数えて、長3度(M3rd)ならば「メジャー・コード」、短3度(m3rd)ならば「マイナー・コード」ということになります。


メジャー・トライアド
マイナー・トライアド

メジャー・トライアドの場合「C」のみで表記
“メジャー”を表すMや△は書かない


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



C 短3度間隔


完全5度

ルートと3rdが長3度間隔の重なりで
3rdと5thが短3度間隔の重なりになっている


ソ ポジション

マイナー・トライアドは「C」の横に「m」を付けて表記


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



Cm(シーマイナー)長3度間隔 短3度間隔


完全5度

ルートと3rdが短3度間隔の重なり(m3rd)で
3rdと5thが長3度間隔の重なりになっている


ソ ポジション
メジャーコードとマイナー・コードの比較
CとCmの違いは3rdのみなので3rdが長3度(M3rd)なのか、短3度(m3rd)なのかで見分けると
良いでしょう。


変化和音(Altered Chord)
基本の「トライアド(三和音)」の5thの部分を半音ずつ変化させた和音のことを「変化和音」と呼びます。5thを半音上げた(増5度)コードは『』で表し、5thを半音下げた(減5度)コードは『b5th』で表します。これに加えて、3rdの音を半音あげて4thにつり上げると『sus4』(サス・フォー)というコードになります。「sus」とは“Suspended”の略でつり上げるという意味です。ズボンのサスペンダーを想像してください。
3rdを4thにつり上げたコード
ということですね!

  Cコードの5th(5度)を変化させる
C(♭5)(シー・フラット・フィフス) C(#5th)(シー・シャープ・ファイブ)

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


  トライアドの部分がマイナーでも5thを変化させれば
Cm(♭5)(シー・マイナー・フラット・フィフス) Cm(#5)(シー・マイナー・シャープ・ファイブ)

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


  SUS4コードについて  
Cコードの3rd4thに半音上げる    
Csus4(シー・サス・フォー)

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Sus4コード 3rd4thは共存しない。
3rd4thに変化したと考える
注意:マイナー・コードは3rd (3rdの音)が「マイナー・コードであることを決定づけているので、3rdを変化させることはない。
つまり “Cmsus4” というコードはないということ。


付加和音(Add Chord)
基本の「メジャー・トライアド」と「マイナー・トライアド」に6th (長6度) やメジャー7th(M7、長7度)を加えたコードのことです。7th (短7度) を加えたコードは「セブンス・コード」として別のカテゴリーとしてまとめるので、「付加和音」は6th=6メジャー7th=M7maj7 のみということになります。

  C+6th、 C+M7th 
C6 (シー・シックス) C7 (シー・メジャー・セブンス)

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  Cm+6th、 Cm+Mth 
Cm6 (シー・マイナー・シックス) Cm7 (シー・マイナー・メジャー・セブンス)

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

※4つの音で成り立っているコードなので「四和音」と呼ばれる。


セブンス・コード
 基本の「トライアド」に7th (短7度) を加えたコードのことです。「短7度」というように実際はメジャー7th (M7)に対してマイナー7th (m7) ということになるのですが、コードのマイナー・セブンス・コードとも、まぎらわしいし普通は7th=7のみの表記になります。メジャー7thが明るい響きなのに対して、7thは暗めの響きになっています。

  C+7th (短7度、m7th)
C7(シー・セブンス)

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


短7度(m7th)を足しているが「Cマイナーセブンス」とは言わない。
「Cセブンス」のみ。

  Cm+7th (m7th、7th)
Cm7(シー・マイナー・セブンス)

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



  参考
C7sus4(シー・セブンス・サスフォー)

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


C7(シー・セブンス・シャープ・ファイブ)

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


Cm7(シー・マイナー・セブンス・フラット・ファイブ)

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


このように「トライアド(三和音)」(変化和音を含む)に6th、7th、7thを加えたものが「四和音」ということになります。

今回はよく使われる、基本的なコードを例にあげて、コードとはどんな仕組みで成り立っているのかを説明してきましたが、次回は「dimコード」や「テンション・コード」などのちょっと難しいコードと、コード進行の基本となる「ダイアトニック・コード」について解説します。お楽しみに!


↑上へ
(C) 2001 D.C.T. Project.Co.,Ltd.