ギターベース弦楽器 アコースティックギター エレキギター クラシック/フラメンコギター ベース/コントラバス ウクレレ バイオリン類 その他弦楽器 エフェクター アンプ/キャビネット ピックアップ/アッセンブリ 弦楽器用パーツ 弦楽器用アクセサリ/周辺機器 弦楽器用ケーブル/弦 ドラムパーカッション打楽器 ドラム エレクトリックドラム パーカッション 打楽器用機材/パーツ/アクセサリ ピアノキーボードシンセ ピアノ/電子ピアノ キーボード/電子オルガン/オルガン シンセサイザー/音源モジュール 鍵盤楽器用機材/パーツ/アクセサリ ブラス管楽器 サックス トランペット トロンボーン その他管楽器 管楽器用機材/パーツ/アクセサリ その他楽器 その他楽器 レコーディングMIDIPA機材 MTR/レコーダー ミキサー/コンソール オーディオインターフェイス プラグインエフェクト/アウトボード マイクロフォン モニタースピーカー/アンプ ヘッドフォン/イヤフォン リズムマシン/シーケンサー ケーブル/電源 DTM/DAWソフト/ソフトウェア音源 MIDI関連 PA関連 DJ関連 ターンテーブル/プレイヤー/CDJ/DVJ DJミキサー DJ用エフェクター/サンプラー デジタルDJ関連 DJ用パーツ/アクセサリ CDDVD書籍類 CD/DVD/書籍/楽譜/教則本
すべて 除外
キーワード
除外キーワード X
  1. >
  2. >
  3. フレットで覚える音楽の仕組み |コード進行について

マイページ

ギタ-テクニック

フレットで覚える音楽の仕組み
ドレミから始めよう!!
フレット上の音名を自分のものにする
リズムは基本 【1】
音符の長さを理解しよう
リズムは基本 【2】
リズム・パターンを読んで弾いてみよう
曲の構成を読む
譜面の読み進め方をマスターする
音程について
音程の距離を正確に把握しよう
コードについて 【1】
コードはどんな仕組みで成り立ってるの?
コードについて 【2】
ちょっと難しいコードもじっくり理解しよう
コードの作り方~基本編~
指板上のどこでもコードが作れる
コードの作り方~応用編~
これで480個のコードを作れるようになる!
テンション・コードの作り方【1】
「テンション」を押さえる指を確保しよう
テンション・コードの作り方【2】
どんなコードでもその場で作り出せる!
第12回
コード進行について
まずは基本の「ダイアトニック・コード」から

第12回 コード進行について
前回までで“コード”そのものに対しての解説を進めてきましたが、“コード”単体で作れるのは『響き』(ハーモニー)のみで、『音楽』(曲)にはなりません。
“コード”は進行させて(並べて)始めてその役割を果たすものなのです。
今回からは『コード進行』についての理論&ヒントについての話を進めていきたいと思います。
そのための基礎となる“ダイアトニック・コード”についてきちんと理解していきましょう。
前回までで説明しきれなかった「aug」コード&「add」コードについて解説した後、『ダイアトニック・コード』に入っていきたいと思います。


オーギュメント・コードについて
(augで表記する)
「augコード」(オーギュメント)は「dimコード」(ディミニッシュ)と同様、特殊なコードですが、同じルートの「7thコード」の代わりに使ったり、半音上のルートの「m△7コード」の代わりに使ったりします。構成音はメジャー・トライアド(三和音)の5thが#した(半音上がった)コードです。詳しくは下図で確認してください。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


Caug 5th(ソ)が「#」している(半音上がっている)すべて長3度感覚

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



アド・コードについて(addで表記する)
「addコード」はaddが意味するように“『三和音』(トライアド)に直接何らかの『テンション』を加えた”コードです。
広がりのある響きが特徴です。他の表記との比較も含め、下図を参考にしてください。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


Cadd=C+9th
C(トライアド)に直接9thを加えたコードということ 

参考:表記の似ているCadd9C9C△9C69の違いを確認しておきましょう。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


この4種類の表記の違いによる、構成音の違いをしっかり把握しておきましょう。
「7th」にあたる部分だけが変わっている事に注目してください。


では、いよいよコード進行理論の基礎に入っていきましょう。

ダイアトニック・コード

いきなり“ダイアトニック・コード”と言われても、よく分からない人も多いと思います。“ダイアトニック・コード”とは簡単に言えば『ダイアトニック・スケールの上に自然にできるコード』ということになります。エッ!?まだわからない?最初は『基本となるスケールの構成音だけで作られた基本コード』だと思ってください。
しばらくは“Cメジャースケール”(ド・レ・ミ・・・、ハ長調)を中心に話を進めていきますので、『ド・レ・ミ・・・~の上に#もbも付けずに自然に重ねたコード』だと思ってください。詳しくは下図で確認してください。

基本となるスケール
この四和音でできたコードをダイアトニックコードと考えて解説していきます。
注)三和音(トライアド)にしたい時は7thを省けばよい
Key=I  と考えて、コード・タイプと一緒にダイアトニックをローマ数字でも言えるようにしてください。
JAZZなどでは一般的ですが数字で覚えることで転調への対応が格段に楽になります。

ぜひローマ数字でも覚えてください。

それでは実際にギターで弾いてみましょう。
5弦Rootと6弦Rootのそれぞれで練習してください。
覚え方のヒントになるような練習法を紹介しておきます。


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



『ダイアトニック.コード』にはだいぶ慣れてきましたでしょうか?これから“コード進行”理論について勉強していくわけですが、KeyCの曲のコード進行を調べてみるとそのほとんどがこの『ダイアトニック・コード』によって占められています。つまり人の曲をコピーしたりする時なども「Key」さえわかれば、コードの当たりを付ける事ができるので労力が半減するでしょう。また、自分で曲を作る時なども、頭の中の“イメージ”を形にする助けになるでしょう。

『ダイアトニック・コード』を“ローマ数字”で覚えてもらいましたが、これは転調してもI△7IIm7-IIIm7-・・・・という順番は変わらないので「I△7」のところに、「Key」を当てはめてやれば簡単に転調が行えます。
下図で各Keyに転調したものを表にしておきますので、資料として参考にしてください。

各Keyのダイアトニック・コード(メジャーKey)
♯系のKey (Key=I)
Key 
調合
I△7
IIm7
IIIm7
IV△7
V
VIm7
VIIm7
KeyC
なし
△7
m7
m7
△7
7
m7
m7(♭5)
KeyG
♯(ファ)
△7
m7
m7
△7
7
m7
m7(♭5)
KeyD
♯(ファ)、♯(ド)
△7
m7
m7
△7
7
m7
m7(♭5)
KeyA
♯(ファ)、♯(ド)
♯(ソ)
△7
m7
m7
△7
7
m7
m7(♭5)
KeyE
♯(ファ)、♯(ド)
♯(ソ)、♯(レ)
△7
m7
m7
△7
7
m7
m7(♭5)
KeyB
♯(ファ)、♯(ド)
♯(レ)、♯(ラ)
△7
m7
m7
△7
7
m7
m7(♭5)
KeyF
♯(ファ)、♯(ド)、♯(ソ)
♯(レ)、♯(ラ) ♯(ミ)
△7
m7
m7
△7
7
m7
m7(♭5)
m7(♭5)

♭系のKey (Key=
Key 
調合
I△7
IIm7
IIIm7
IV△7
V
VIm7
VIIm7(♭5)
KeyC
なし
△7
m7
m7
△7
7
m7
m7(♭5)
KeyF
♭(シ)
△7
m7
m7
♭△7
7
m7
m7(♭5)
KeyB♭
♭(シ)、♭(ミ)
♭△7
m7
m7
♭△7
7
m7
m7(♭5)
KeyE♭
♭(シ)、♭(ミ)、♭(ラ)
♭△7
m7
m7
♭△7
♭7
m7
m7(♭5)
KeyA♭
♭(シ)、♭(ミ)、♭(ラ)
(レ)
♭△7
♭m7
m7
♭△7
♭7
m7
m7(♭5)
KeyD♭
♭(シ)、♭(ミ)、♭(ラ)
♭(レ)、♭(ソ)
♭△7
♭m7
m7
♭△7
♭7
♭m7
m7(♭5)
※注) ・ダイアトニックコードは横に並ぶ
・調合は♯&♭の数と音を表示
・ローマ数字と各Keyのコードをきちんと比較すること

参考:ダイアトニック・コードのテンション
ダイアトニック・コードに付けられるテンションをまとめておきます。
これ以外のテンションも付けることもありますが、標準的なテンションの付け方の目安にしてください。
ダイアトニック
コード
テンション
アボイド
I△7 (I 6
△7
(C6
9th
△7(9)、6(9)
4th
ファ
IIm7
m7
9th、11th
m7(9)、m7(11)
6th
IIIm7
m7
11th
m7(11)
♭9th、6th
ファ、ド 
IV△7
△7
9th、11th
△7(9)、△7(♯11)
6(9)、6(♯11)
無し
V
7
9th、9th、9th
7(9)、(♯9)(♯9)
11th、13th、13th
7(♯11)、♭9)(♯13)
4th
VIm7
m7
9th、11th
m7(9)、m7(11)
6th
VIIm7(♭5)
m7(♭5)
11th、13th
m7♭5,11)、m7♭5,13)
♭9th




これから『ダイアトニック・コード』がコード進行&作曲のすべての基本になっていきますので、しっかりと覚えてください。
次回からは『ダイアトニック・コード』の役割分担(グループ分け)から始まり、コード進行の代表的なパターンまでをそれぞれ詳しく解説していきます。基礎はできあがったので今まで勉強してきたことをフルに活かして、“音楽”を創造していきましょう。「音楽理論」は過去の偉大なミュージシャン達のアイディアの集大成ですので、楽しみながら理解していってください。


↑上へ
(C) 2001 D.C.T. Project.Co.,Ltd.