ギターベース弦楽器 アコースティックギター エレキギター クラシック/フラメンコギター ベース/コントラバス ウクレレ バイオリン類 その他弦楽器 エフェクター アンプ/キャビネット ピックアップ/アッセンブリ 弦楽器用パーツ 弦楽器用アクセサリ/周辺機器 弦楽器用ケーブル/弦 ドラムパーカッション打楽器 ドラム エレクトリックドラム パーカッション 打楽器用機材/パーツ/アクセサリ ピアノキーボードシンセ ピアノ/電子ピアノ キーボード/電子オルガン/オルガン シンセサイザー/音源モジュール 鍵盤楽器用機材/パーツ/アクセサリ ブラス管楽器 サックス トランペット トロンボーン その他管楽器 管楽器用機材/パーツ/アクセサリ その他楽器 その他楽器 レコーディングMIDIPA機材 MTR/レコーダー ミキサー/コンソール オーディオインターフェイス プラグインエフェクト/アウトボード マイクロフォン モニタースピーカー/アンプ ヘッドフォン/イヤフォン リズムマシン/シーケンサー ケーブル/電源 DTM/DAWソフト/ソフトウェア音源 MIDI関連 PA関連 DJ関連 ターンテーブル/プレイヤー/CDJ/DVJ DJミキサー DJ用エフェクター/サンプラー デジタルDJ関連 DJ用パーツ/アクセサリ CDDVD書籍類 CD/DVD/書籍/楽譜/教則本
すべて 除外
キーワード
除外キーワード X
  1. >
  2. >
  3. >
  4. アコースティックギター | ギターの種類

マイページ

ギタ-テクニック

はじめに
第1回 各部の名称
アコギの各部の名称
第2回 ギターの種類
アコギの種類について
第3回 ギターの選び方
ギター選びのポイント
第4回 まずはこれが必要
ギターを弾くにあたって必要なもの
第5回 ギターの持ち方
さまざまなシーンでのギターの構え方について
第6回 チューニングの手順
チューニングをしてみよう!
第7回 弦の基礎知識
弦の種類・材質・太さについて
第8回 弦交換の仕方
弦を張り替えてみよう!!
第9回 ギターでドレミ
フレットと音の関係
第10回 ハーモニクス
ナチュラル・ハーモニクスについて
第11回 TAB譜の読み方
TAB譜の読み方を解説
第12回 コードをおぼえよう
コードの押え方、読み方
第13回 パワー・コード
パワー・コードを弾いてみよう!
第14回 基本テクニック
ギターを弾くための基本テクニック
第15回 Fコードに挑戦
Fコード(バレー・コード)に挑戦しよう!!
第16回 B♭コードに挑戦
B♭コード(バレー・コード)に挑戦しよう!!
第17回 シンコペーション&アルペジオ
シンコペーション・アルペジオの解説
第18回 指で弾くアルペジオ
指弾きに挑戦しよう!!
第19回 ギター・リフ
『リフ』を弾いてみよう!!
第20回 シャッフル・ビート
『シャッフル・ビート』でブルースを弾こう
第21回 ストローク
12/8拍子のストロークにチャレンジしよう!
第22回 スリー・フィンガー
スリー・フィンガーにチャレンジ
第23回 ボサ・ノヴァ
ボサ・ノヴァにチャレンジしよう!!
第24回 お手軽クラシック・ギター
クラシックギターを弾いてみよう
第25回 お手軽カントリー・ギター
カントリー(ブルーグラス)を弾いてみよう
エレキギターはこちら
第2回 ギターの種類
アコースティック・ギター(アコギ)の種類


<1> フラット・トップ・ギター

普通、このような表板が平らなギターを『アコースティック・ギター』と呼びます。
ひと昔前は『フォーク・ギター』と呼ばれていたかもしれません。
“ボディの形”や“材質の組み合わせ”が豊富で、自分の演奏スタイルにあったギターを選べる。弦はスチール(鉄製)のものを張るので、きらびやかで伸びのある音がする。繊細なプレイも迫力のあるプレイも可能。
ロック、ポップス、ブルース、フォーク、フィンガー・スタイルなど幅広いジャンルで使用できるので、まず最初に買うならこの「フラット・トップ」のギターがお薦めです。
<2> ガット・ギター

ナイロンの弦(ガット弦)を張るので『ガット・ギター』と呼ばれますが、構造は表板が平らな「フラット・トップ」です。
材質の違いで、同じ形でも“クラッシック・ギター”と“フラメンコ・ギター”がある。 ナイロン弦の丸くてソフトな音色はクラッシク&フラメンコの他にも、ボサノバ、ジャズ、フュージョンなどにも適しています。
ネックの幅が広いのでネックを握り込むようなスタイルのプレイには向きませんが、ナイロン弦はやわらかいので初心者の人には指が痛くならないというメリットもあります。
<3> アーチド・トップ・ギター

表板が“アーチ”を描くように盛り上がったタイプのギターです。
弦の張り方の形式が独特で、テール・ピースと呼ばれる部分で弦を吊って、固定されていないブリッジの上にのせる形で表板に音を伝達します。
サウンド・ホールも「f」の形のもの(エフ・ホール)が多いようです。
“ヌケ”が良く、リバーブが効いて、よくのびる音はリード(単音弾き)ギターに向いているようです。 また“キレ”の良いカッティングなどにも向いています。
ジャズ、フュージョンのギタリストが好んで使っているようです。
ピック・アップ(マイク)の付けてエレキとして使えるようになっているモデルも多いです。
<4> リゾネイター・ギター

ボディの内部に金属製の「共鳴板(リゾネイター)」を組み込んだギターですが、あまり一般的ではないようです。
ボディ本体は木製のものと金属製のものがあります。
「共鳴板(リゾネイター)」による独特の音色はサスティーン(音ののび)があり大音量です。
とても深みのある太い音色はスライド・ギターに最適で、スライド・ギターを目指したい人は1本は持っていたいギターです。
美しいルックスも非常に魅力的です。
<5> 12弦ギター

普通のギターは6本の弦を張りますが、「12弦ギター」はその倍の12本の弦を張ります。
通常の6本の弦に加えて1&2弦には同じ高さの弦(ユニゾン)を加えて、3~6弦には1オクターブ高い弦を加えて張ります。
弾き方は6弦ギターと変わりませんが2本ずつ押さえなければならないのと、弦が多い分ネックが広くなっているのが弾きにくく感じてしまうかもしれません。でも、そのコーラスのかかったような独特の響きは一度弾いたら病みつきです。
ポップスやフォークのリズム・ギターで使用される事が多いようですが、フィンガー・ピッキングやスライドなどで用いても面白いでしょう。
<6> エレ・アコ

基本的には普通のアコースティック・ギターと変わりませんが、もともとピック・アップ(マイク)やプリ・アンプが内蔵されていて、電気で音を増幅(大きく)できるように設計されたアコースティック・ギターです。
アンプなどを通さなくても普通のアコースティック・ギターとしても使用できるので、ライブやバンドでのプレイ、ストリートでの演奏を積極的にやっていこうと考えている人には「エレ・アコ」が向いているでしょう。
値段も手ごろなものが多くデザインもバリエーション豊富です。


(C) 2001 D.C.T. Project.Co.,Ltd.