ギターベース弦楽器 アコースティックギター エレキギター クラシック/フラメンコギター ベース/コントラバス ウクレレ バイオリン類 その他弦楽器 エフェクター アンプ/キャビネット ピックアップ/アッセンブリ 弦楽器用パーツ 弦楽器用アクセサリ/周辺機器 弦楽器用ケーブル/弦 ドラムパーカッション打楽器 ドラム エレクトリックドラム パーカッション 打楽器用機材/パーツ/アクセサリ ピアノキーボードシンセ ピアノ/電子ピアノ キーボード/電子オルガン/オルガン シンセサイザー/音源モジュール 鍵盤楽器用機材/パーツ/アクセサリ ブラス管楽器 サックス トランペット トロンボーン その他管楽器 管楽器用機材/パーツ/アクセサリ その他楽器 その他楽器 レコーディングMIDIPA機材 MTR/レコーダー ミキサー/コンソール オーディオインターフェイス プラグインエフェクト/アウトボード マイクロフォン モニタースピーカー/アンプ ヘッドフォン/イヤフォン リズムマシン/シーケンサー ケーブル/電源 DTM/DAWソフト/ソフトウェア音源 MIDI関連 PA関連 DJ関連 ターンテーブル/プレイヤー/CDJ/DVJ DJミキサー DJ用エフェクター/サンプラー デジタルDJ関連 DJ用パーツ/アクセサリ CDDVD書籍類 CD/DVD/書籍/楽譜/教則本
すべて 除外
キーワード
除外キーワード X
  1. >
  2. >
  3. ルーツへ帰ろう!! |Blues編【1】

マイページ

ギタ-テクニック

ルーツへ帰ろう!!
はじめに
第1回 Blues編 【1】
スリーコードについて
第2回 Blues編 【2】
マイナーペンタトニック・スケール基礎編
第3回 Blues編 【3】
マイナーペンタトニック・スケール実践編
第4回 Blues編 【4】
マイナーペンタトニック・スケール応用編
第5回 Blues編 【5】
メジャーペンタトニック・スケールについて
第6回 Blues編 【6】
「スライド」の基本
第7回 Blues編 【7】
スライド・プレイの実践 第1回
第8回 Blues編 【8】
スライド・プレイの実践 第2回
第9回 Funk編 【1】
FUNKギターでリズム&グルーブをゲット
第10回 Funk編 【2】
16ビートのリズム・パターンの組み立て方
第11回 Funk編 【3】
基礎を活かして“ファンク・フレーズ”を体験
第12回 Funk編 【4】
16ビート・カッティングにひと味加えるワザ

第1回 Blues編 【1】



●スリーコードについて


 スリーコードとは音楽を構成している最も重要な、トニック(T)、サブドミナント(S.D.)、ドミナント(D)の3つの要素のことを指します。詳しくは【フレットで覚える音楽の仕組み】で解説しますがトニックI 、サブドミナントIVドミナントV とし、その並び方を変えて曲を構成していきます。
トニック(T),サブドミナント(S.D.),ドミナント(D)

 いきなり IIVV と言われてもわからない人もいると思いますので、例をあげて解説していきましょう。
【1】 その曲のKeyを I とします。これがトニックです。
[例] Key Aの I はA
【2】 I から数えて4番目が IV です。これがサブドミナントにあたります。
[例] Key Aの I がAですから、Aから数えて4番目はA-B-C#-D-となり、IV はDになります。
【3】 I から数えて5番目が V です。これがドミナントです。
[例] Key Aの I がAですから、Aから数えて5番目はA-B-C#-D-Eとなり、V はEになります。


ブルースでは、IIVV 、に7thをつけるのが普通なので、以降は I 7IV7V7として解説していきます。
[例] Key A I 7A7IV7D7V7E7

上記のことをまとめ、よく使われるKeyで早見表をつくりましたので参考にしてください。

■スリーコード早見表

スリーコード早見表 そのKeyのスリーコードは?と聞かれたらすぐ答えられるくらい、身につけてしまってください。



(C) 2001 D.C.T. Project.Co.,Ltd.