ギターベース弦楽器 アコースティックギター エレキギター クラシック/フラメンコギター ベース/コントラバス ウクレレ バイオリン類 その他弦楽器 エフェクター アンプ/キャビネット ピックアップ/アッセンブリ 弦楽器用パーツ 弦楽器用アクセサリ/周辺機器 弦楽器用ケーブル/弦 ドラムパーカッション打楽器 ドラム エレクトリックドラム パーカッション 打楽器用機材/パーツ/アクセサリ ピアノキーボードシンセ ピアノ/電子ピアノ キーボード/電子オルガン/オルガン シンセサイザー/音源モジュール 鍵盤楽器用機材/パーツ/アクセサリ ブラス管楽器 サックス トランペット トロンボーン その他管楽器 管楽器用機材/パーツ/アクセサリ その他楽器 その他楽器 レコーディングMIDIPA機材 MTR/レコーダー ミキサー/コンソール オーディオインターフェイス プラグインエフェクト/アウトボード マイクロフォン モニタースピーカー/アンプ ヘッドフォン/イヤフォン リズムマシン/シーケンサー ケーブル/電源 DTM/DAWソフト/ソフトウェア音源 MIDI関連 PA関連 DJ関連 ターンテーブル/プレイヤー/CDJ/DVJ DJミキサー DJ用エフェクター/サンプラー デジタルDJ関連 DJ用パーツ/アクセサリ CDDVD書籍類 CD/DVD/書籍/楽譜/教則本
すべて 除外
キーワード
除外キーワード X
  1. >
  2. >
  3. ルーツへ帰ろう!! |Blues編【3】

マイページ

ギタ-テクニック

ルーツへ帰ろう!!
はじめに
第1回 Blues編 【1】
スリーコードについて
第2回 Blues編 【2】
マイナーペンタトニック・スケール基礎編
第3回 Blues編 【3】
マイナーペンタトニック・スケール実践編
第4回 Blues編 【4】
マイナーペンタトニック・スケール応用編
第5回 Blues編 【5】
メジャーペンタトニック・スケールについて
第6回 Blues編 【6】
「スライド」の基本
第7回 Blues編 【7】
スライド・プレイの実践 第1回
第8回 Blues編 【8】
スライド・プレイの実践 第2回
第9回 Funk編 【1】
FUNKギターでリズム&グルーブをゲット
第10回 Funk編 【2】
16ビートのリズム・パターンの組み立て方
第11回 Funk編 【3】
基礎を活かして“ファンク・フレーズ”を体験
第12回 Funk編 【4】
16ビート・カッティングにひと味加えるワザ

第3回 Blues編 【3】



●マイナーペンタトニック・スケールの実践


 前回、マイナーペンタトニック・スケールの全体像について説明しましたが “どんな響きのスケールなのか?” “どのように練習したらよいのか?”など、実際に譜例を使って弾いていくことにしましょう!
今後このスケールを使って、メロディ・リフ・ソロなどを弾いていくわけですが、即戦力になるように “スケール練習” も、必ずリズムに合わせて練習するようにしてください。

それでは「Key A 」のブルース進行上で「Aマイナー・ペンタトニック・スケールの基本形1」を例にとって弾いてみることにします。
なお、右手のピッキングは必ず “オルタネイト・ピッキング” (ダウン、アップを交互に規則的にくり返すピッキング)を守ってください。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



このように、縦方向のスケール・フォームをきちんと覚えた後、それらの一部をつなぎ合わせて、横方向にスケールを広げていく手順で練習する事をお薦めします。
この方法でスケールを理解する事によって、フィンガー・ボード全体を自由に動き回ることができるでしょう。


 次にマイナー・ペンタトニック・スケールの、よく使う“チョーキング・ポイント”をまとめておきます。
参考にしてください。(cho1音チョーキング  1HC1音半チョーキング
基本形スケール1※「cho」のポイントをチョーキング」して○の音程まで上げる
基本形スケール2※「1HC」「cho」のポイントをチョーキング」して○の音程まで上げる
連結ポジション1
連結ポジション2


▲上へ


(C) 2001 D.C.T. Project.Co.,Ltd.