ギターベース弦楽器 アコースティックギター エレキギター クラシック/フラメンコギター ベース/コントラバス ウクレレ バイオリン類 その他弦楽器 エフェクター アンプ/キャビネット ピックアップ/アッセンブリ 弦楽器用パーツ 弦楽器用アクセサリ/周辺機器 弦楽器用ケーブル/弦 ドラムパーカッション打楽器 ドラム エレクトリックドラム パーカッション 打楽器用機材/パーツ/アクセサリ ピアノキーボードシンセ ピアノ/電子ピアノ キーボード/電子オルガン/オルガン シンセサイザー/音源モジュール 鍵盤楽器用機材/パーツ/アクセサリ ブラス管楽器 サックス トランペット トロンボーン その他管楽器 管楽器用機材/パーツ/アクセサリ その他楽器 その他楽器 レコーディングMIDIPA機材 MTR/レコーダー ミキサー/コンソール オーディオインターフェイス プラグインエフェクト/アウトボード マイクロフォン モニタースピーカー/アンプ ヘッドフォン/イヤフォン リズムマシン/シーケンサー ケーブル/電源 DTM/DAWソフト/ソフトウェア音源 MIDI関連 PA関連 DJ関連 ターンテーブル/プレイヤー/CDJ/DVJ DJミキサー DJ用エフェクター/サンプラー デジタルDJ関連 DJ用パーツ/アクセサリ CDDVD書籍類 CD/DVD/書籍/楽譜/教則本
すべて 除外
キーワード
除外キーワード X
  1. >
  2. >
  3. ルーツへ帰ろう!! |Blues編【5】

マイページ

ギタ-テクニック

ルーツへ帰ろう!!
はじめに
第1回 Blues編 【1】
スリーコードについて
第2回 Blues編 【2】
マイナーペンタトニック・スケール基礎編
第3回 Blues編 【3】
マイナーペンタトニック・スケール実践編
第4回 Blues編 【4】
マイナーペンタトニック・スケール応用編
第5回 Blues編 【5】
メジャーペンタトニック・スケールについて
第6回 Blues編 【6】
「スライド」の基本
第7回 Blues編 【7】
スライド・プレイの実践 第1回
第8回 Blues編 【8】
スライド・プレイの実践 第2回
第9回 Funk編 【1】
FUNKギターでリズム&グルーブをゲット
第10回 Funk編 【2】
16ビートのリズム・パターンの組み立て方
第11回 Funk編 【3】
基礎を活かして“ファンク・フレーズ”を体験
第12回 Funk編 【4】
16ビート・カッティングにひと味加えるワザ

第5回 Blues編 【5】



●メジャーペンタトニック・スケール


 今回はブルースで使用する、もうひとつの代表的なスケールである「メジャーペンタトニック・スケール」について解説したいと思います。このスケールはブルースだけでなく、ロック、カントリー、ポップス、フュージョン、ファンク、ジャズetc.と様々なジャンルで幅広く使われるスケールなので、ここでしっかり理解しておいてください。

Cメジャーペンタトニックの
構成音
メジャーペンタトニックの構成音
省く
※メジャースケール(ドレミ・・・)から4番目(ファ)と7番目()を省いたスケール。
“四七抜き音階”とも呼ばれる。
メジャースケールの省略形と考えてよい。

マイナー・ペンタトニックと比較するために「Aメジャー・ペンタ」の構成音
例にあげておくので、参考にしてください。
A メジャーペンタトニック Aマイナー・ペンタトニック
A メジャーペンタトニック→Aマイナー・ペンタトニック
ブルーノート
では実際にこのスケールを弾いてみましょう!
スケール・フォーム(形)は「マイナーペンタ」とまったく同じなので、基本形1と基本形2を例にあげて位置を
示すので「マイナーペンタ」と比較して覚えてください。
“形は同じで基準(中心)になる音が変わる”だけですので、2つのスケールの“距離”を意識して弾いてみてください。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得




まとめ
「マイナー・ペンタ」と「メジャー・ペンタ」を使いこなせれば、あらゆるジャンルに対応することができます。
この2つの「スケール」は基本中の基本であり、奥深いスケールなので、時間をかけてじっくりとマスターしてください。
次回は“スライド・ギター”に挑戦してみましょう。


▲上へ


(C) 2001 D.C.T. Project.Co.,Ltd.