ギターベース弦楽器 アコースティックギター エレキギター クラシック/フラメンコギター ベース/コントラバス ウクレレ バイオリン類 その他弦楽器 エフェクター アンプ/キャビネット ピックアップ/アッセンブリ 弦楽器用パーツ 弦楽器用アクセサリ/周辺機器 弦楽器用ケーブル/弦 ドラムパーカッション打楽器 ドラム エレクトリックドラム パーカッション 打楽器用機材/パーツ/アクセサリ ピアノキーボードシンセ ピアノ/電子ピアノ キーボード/電子オルガン/オルガン シンセサイザー/音源モジュール 鍵盤楽器用機材/パーツ/アクセサリ ブラス管楽器 サックス トランペット トロンボーン その他管楽器 管楽器用機材/パーツ/アクセサリ その他楽器 その他楽器 レコーディングMIDIPA機材 MTR/レコーダー ミキサー/コンソール オーディオインターフェイス プラグインエフェクト/アウトボード マイクロフォン モニタースピーカー/アンプ ヘッドフォン/イヤフォン リズムマシン/シーケンサー ケーブル/電源 DTM/DAWソフト/ソフトウェア音源 MIDI関連 PA関連 DJ関連 ターンテーブル/プレイヤー/CDJ/DVJ DJミキサー DJ用エフェクター/サンプラー デジタルDJ関連 DJ用パーツ/アクセサリ CDDVD書籍類 CD/DVD/書籍/楽譜/教則本
すべて 除外
キーワード
除外キーワード X
  1. >
  2. >
  3. ルーツへ帰ろう!! |Funk編【1】

マイページ

ギタ-テクニック

ルーツへ帰ろう!!
はじめに
第1回 Blues編 【1】
スリーコードについて
第2回 Blues編 【2】
マイナーペンタトニック・スケール基礎編
第3回 Blues編 【3】
マイナーペンタトニック・スケール実践編
第4回 Blues編 【4】
マイナーペンタトニック・スケール応用編
第5回 Blues編 【5】
メジャーペンタトニック・スケールについて
第6回 Blues編 【6】
「スライド」の基本
第7回 Blues編 【7】
スライド・プレイの実践 第1回
第8回 Blues編 【8】
スライド・プレイの実践 第2回
第9回 Funk編 【1】
FUNKギターでリズム&グルーブをゲット
第10回 Funk編 【2】
16ビートのリズム・パターンの組み立て方
第11回 Funk編 【3】
基礎を活かして“ファンク・フレーズ”を体験
第12回 Funk編 【4】
16ビート・カッティングにひと味加えるワザ

第9回 Funk編 【1】



●Funkギターでリズム&グルーブをゲットしよう


前回までブルースを中心に話を進めてきましたが、今回から“ファンク・ギター”を通して『リズム』について詳しく解説&プレイしていきたいと思います。音楽にとって『リズム』は最も重要な要素だと思いますので、基本からしっかりマスターして下さい!どんな素晴らしいフレーズも、気の効いた音使いも、『リズム』に合っていなければ、人に伝わらないからです。きちんとしたやり方でトレーニングすれば、誰でも『リズム』を理解できるし『リズム感』をつけることができます。『リズム』を勉強する上で大切な事は“体全体でギターを弾くこと”ですので、まずは自分の体の中で『リズム』がグルーブするように、体を動かすことから始めて下さい。
「よもやま話」の第2回の練習などは参考になるはずですのでトライしてみてください!

■8ビートの基本

まずは8ビートのストロークから始めましょう。なお、今後『リズム』を足で踏む場合は必ず“かかと”でおこなってください。なぜかというと、“つま先”で『リズム』を踏むとスネの筋肉が疲れてしまって『リズム』が狂いやすくなってしまうからです。
“かかと”で踏むことで、歩く感覚で『リズム』を刻めるのに加え、踏んだ反動を利用して“腰”で『ウラ拍』を感じることができるのです。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得




それでは、実際にこの“基本ストローク”を弾いてみましょう!
コード進行は「G-Em-C-D」というKeyGの『スタンド・バイ・ミー』風の進行を使います。


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



この2&4拍のアクセントを、より強調するために“右手のカット”をマスターしましょう!
リズム・ギターの真髄は“ミュート”にあるといっても過言ではないくらい「音を切る」技術は大切です。
16ビートで左手のカット(ブラッシング)を練習しますので、ここでは“右手で音を切る”練習をします。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



カラ・ピッキングによるリズム・バリエーション
8ビートは“ダウン&アップ”の規則的なくり返しの“動き”が基本になっていることは、理解できたでしょうか?ここからは、“基本のストローク”から『空振り』することで、音を抜いて、いろいろな8ビートのリズム・バリエーションが作れるという話をしていきます。この『空振り』のことを“カラ・ピッキング”といいます。
“ダウン&アップ”のくり返しの動きは止めないことが鉄則ですので忘れずに!

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



このように、8ビートの基本ストロークの動きに“カラ・ピッキング”(空振り)を組み合わせることによって、8ビートの色々なリズム・バリエーションを作ることができます。

アクセント移動によるリズムトレーニング
ここからは、ちょっと趣向を変えて“8ビートのすべてのポイント”を取り出してリズム・トレーニングをしてみます。自分がノリにくい苦手なリズム・ポイントを発見したり、それぞれのポイントをどのように感じるか理解したりできるはずです。ぜひトライしてみてください!2小節で1セットのパターンで練習します。2小節ごとにコードをチェンジしてください。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



音はドラムのリズムに合わせて弾いていますが“ウラ拍のみクリック(メトロノーム)”に合わせながら練習するとより効果的です。

■16ビートの基本

8ビートの基本はマスターできましたでしょうか?次は16ビートに挑戦です。
1拍をより細かくとることによって、さらにいろいろなグルーブを手に入れることができます。
まずは基本的なリズム・トレーニングから入ります。8ビート同様に16ビートのカッティングも動き(ピッキング)に規則性がありますので“体”で覚えてしまいましょう!16ビートの“体”の動きをマスターするつもりで取り組んでください。


ブラッシングで16ビートのストロークをマスターしよう
まずは16ビートのストロークの基本をマスターするために、“ブラッシング”の「音ツブ」をそろえる練習から始めましょう!“ブラッシング”は16ビートのグルーブを出すために非常に大切な『音』になりますので、均一な音で“ブラッシング”できるまで、しっかり練習しましょう。ここからコードは“E9”を使用します。


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



8ビート&16ビートの基本的なストロークの動きを中心に解説してきましたが、これらはすべて“体”の動きと連動しています。ギターは手だけで弾くものではないのです。ビートを踏む足から腰&首&頭、肩から腕&手首・・・すべてが連動して“リズム”を生み出していくのです。“体”の動き全体が“グルーブする”まで基本の練習を続けてください。今回はすべて、コード・ストロークとして話を進めてきましたが、シングル・ノートで同じ練習をしてみるのも非常に効果的だと思います。音楽にとって“リズム”は『命』ですので、時間をかけてしっかりマスターしてください!
次回は3連符系のリズムの基本について解説していきます。


▲上へ


(C) 2001 D.C.T. Project.Co.,Ltd.