ギターベース弦楽器 アコースティックギター エレキギター クラシック/フラメンコギター ベース/コントラバス ウクレレ バイオリン類 その他弦楽器 エフェクター アンプ/キャビネット ピックアップ/アッセンブリ 弦楽器用パーツ 弦楽器用アクセサリ/周辺機器 弦楽器用ケーブル/弦 ドラムパーカッション打楽器 ドラム エレクトリックドラム パーカッション 打楽器用機材/パーツ/アクセサリ ピアノキーボードシンセ ピアノ/電子ピアノ キーボード/電子オルガン/オルガン シンセサイザー/音源モジュール 鍵盤楽器用機材/パーツ/アクセサリ ブラス管楽器 サックス トランペット トロンボーン その他管楽器 管楽器用機材/パーツ/アクセサリ その他楽器 その他楽器 レコーディングMIDIPA機材 MTR/レコーダー ミキサー/コンソール オーディオインターフェイス プラグインエフェクト/アウトボード マイクロフォン モニタースピーカー/アンプ ヘッドフォン/イヤフォン リズムマシン/シーケンサー ケーブル/電源 DTM/DAWソフト/ソフトウェア音源 MIDI関連 PA関連 DJ関連 ターンテーブル/プレイヤー/CDJ/DVJ DJミキサー DJ用エフェクター/サンプラー デジタルDJ関連 DJ用パーツ/アクセサリ CDDVD書籍類 CD/DVD/書籍/楽譜/教則本
すべて 除外
キーワード
除外キーワード X
  1. >
  2. >
  3. 即戦力シリーズ|ギターで作曲【3】

マイページ

ギタ-テクニック

今回からリニューアル・スタートしたこのコーナーでは
「ルーツへ帰ろう!」&「フレットで覚える音楽の仕組み」の続編として
2つのコンテンツで勉強した基礎を活かして、より実戦的でわかり易く進めていきます。
わからない用語などがでてきたら前の2つのコーナーを見直してください。
第1回 ギターで作曲【1】
まずは基本の「ダイアトニック・コード」から
第2回 ギターで作曲【2】
「偽終止」と「サブ・ドミナント・マイナー」
第3回 ギターで作曲【3】
サビ作りの要になる「セカンダリー・ドミナント」
第4回 ギターで作曲【4】
「おいしいコード」&「トゥ・ファイブ」
第5回 ギターで作曲【5】
ウラ・コード&コード装飾法
第6回 ギターで作曲【6】
ディミニッシュ&オーギュメント
第7回 ギターで作曲【7】
マイナーkey&マイナースケール
第8回 ギターで作曲【8】
分数コードによるベース・ラインなど
第9回 メジャースケールを覚えよう!【1】
指板上の並び方と覚え方
第10回 メジャースケールを覚えよう!【2】
“アセらず毎日”がキーワード
第11回 メジャースケールを覚えよう!【3】
コード・フォームとスケール・フォーム
第12回 コード・トーン・アルペジオ
“メロディアス”な感じを出そう
第13回 ペンタトニック裏技使用法【1】
ソロに『ペンタ』で“色”を加える
第14回 ペンタトニック裏技使用法【2】
『ペンタ』を使った様々なコード進行
第15回 マイナースケールを極めよう!!
基本のスケール3種類を覚えよう
第16回 モードの世界
7種類の“モード”を理解しよう
第17回 モードの世界2
“モード”の雰囲気をつかもう
第18回 リディアン7thスケール
あらゆるジャンルに適応できるスケール
第19回 ダブル・ストップを極めよう!!【1】
“オシャレ”な複音フレーズをマスター
第20回 ダブル・ストップを極めよう!!【2】
ギタープレイの幅をどんどん拡げよう
第21回 ホールトーン・スケールとコンディミ
“サウンド”で雰囲気をつかもう
第22回 トライアド(3和音)+α
トライアドとおいしい音で組み立てるフレーズ
第23回 使えるブルースバッキング【1】
気の利いたバッキング
第24回 使えるブルースバッキング【2】
使える6種類のバッキングを紹介

第3回 ギターで作曲【3】 ~簡単コード進行理論~

前回の『サブドミナント・マイナー』&『サブドミナント・マイナーの代理』を使用することで、すいぶんと曲の雰囲気を演出することができるようになりました。哀愁を漂わせたり、ロック風に攻めたり・・・。
実際のヒット・ソングや名曲に聞かれる雰囲気を作り出せるようになってきたと思います。
今回は“サビ”作りの要になる『セカンダリー・ドミナント』という手法を解説していきます。
ここまで理解できればかなりのクオリティの曲を作ることができるようになると思います。
それでは始めましょう!

『セカンダリー・ドミナント』とは一体どのようなコードかというと、簡単に言えば“Keyに関係なく、次に進みたいコード(一時的なI )に対するV7(二次的なドミナント7th)を前に置くことができる”という手法です。
つまり次に来る“一時的なI コード”に向かって強制的に“ドミナント・モーション”を作っていくわけです。
“ドミナント・モーション”の強烈な進行感がサビなどの印象の強い雰囲気を演出してくれます。
言葉で説明するとかえって難しく聞こえてしまいますが、みなさんが普段慣れ親しんだ進行ですので実際に弾いて楽しみながら覚えてください。鼻歌でも歌いながら弾いて、どんどん曲に取り入れていきましょう。


 ・ セカンダリー・ドミナントとは?
  例としてダイアトニック・コードを“一時的なI ”として、各コードに対するV7にあたる『セカンダリー・ドミナント』(二次的なドミナント7th)を作ってみます。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得




ここまでの説明だと『セカンダリー・ドミナント』は必ず次のコード(一時的なI)に解決(ドミナント・モーション)しなければいけないように感じてしまいますが、実際は次に来るコードに必ず解決する必要はありません。
カッコ良くつながれば、『セカンダリー・ドミナント』の後にどんなコードが来ても良いのです。
“例外”と考えてどんどん試してみましょう。
例をあげて紹介しておきます。他のキーへの転調も合わせてチャレンジしてください。

・ 解決しないセカンダリー・ドミナントの例

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



ダイアトニック・コード上の7thコードは「V7」だけですので、それ以外の“7thコード”はすべて『セカンダリー・ドミナント』と解釈してしまってよいでしょう。

それではセカンダリー・コードを使った色々なコード進行例を紹介してみますので、実際に弾いてみてください。
他のキーへの転調も必ず行ってください。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



●まとめ
『セカンダリー・ドミナント』について解説してきましたが、特徴はつかめましたでしょうか?
ぜひ『セカンダリー・ドミナント』を使って素敵なサビ&メロディを作ってくださいね。
この“一時的な・・・”という考え方は後の『トゥー・ファイブ』の理論や『転調』の手法などにつながっていきますので自分なりに整理しておいてください。
よくわからない人は「例」にあげたコード進行をどんどん弾いて、メロディを付けたりしてみてください。
とにかく弾いて、響きやコード進行の流れを体感することが、理論(アイディア)を理解する第一歩であり一番の近道ですので、あきらめずに頑張ってください。

次回は『おいしいコード集』&『基本的なトゥー・ファイブ』について話を進めていきたいと思います。
お楽しみに!

(C) 2001 D.C.T. Project.Co.,Ltd.