ギターベース弦楽器 アコースティックギター エレキギター クラシック/フラメンコギター ベース/コントラバス ウクレレ バイオリン類 その他弦楽器 エフェクター アンプ/キャビネット ピックアップ/アッセンブリ 弦楽器用パーツ 弦楽器用アクセサリ/周辺機器 弦楽器用ケーブル/弦 ドラムパーカッション打楽器 ドラム エレクトリックドラム パーカッション 打楽器用機材/パーツ/アクセサリ ピアノキーボードシンセ ピアノ/電子ピアノ キーボード/電子オルガン/オルガン シンセサイザー/音源モジュール 鍵盤楽器用機材/パーツ/アクセサリ ブラス管楽器 サックス トランペット トロンボーン その他管楽器 管楽器用機材/パーツ/アクセサリ その他楽器 その他楽器 レコーディングMIDIPA機材 MTR/レコーダー ミキサー/コンソール オーディオインターフェイス プラグインエフェクト/アウトボード マイクロフォン モニタースピーカー/アンプ ヘッドフォン/イヤフォン リズムマシン/シーケンサー ケーブル/電源 DTM/DAWソフト/ソフトウェア音源 MIDI関連 PA関連 DJ関連 ターンテーブル/プレイヤー/CDJ/DVJ DJミキサー DJ用エフェクター/サンプラー デジタルDJ関連 DJ用パーツ/アクセサリ CDDVD書籍類 CD/DVD/書籍/楽譜/教則本
すべて 除外
キーワード
除外キーワード X
  1. >
  2. >
  3. 即戦力シリーズ|ギターで作曲【7】

マイページ

ギタ-テクニック

今回からリニューアル・スタートしたこのコーナーでは
「ルーツへ帰ろう!」&「フレットで覚える音楽の仕組み」の続編として
2つのコンテンツで勉強した基礎を活かして、より実戦的でわかり易く進めていきます。
わからない用語などがでてきたら前の2つのコーナーを見直してください。
第1回 ギターで作曲【1】
まずは基本の「ダイアトニック・コード」から
第2回 ギターで作曲【2】
「偽終止」と「サブ・ドミナント・マイナー」
第3回 ギターで作曲【3】
サビ作りの要になる「セカンダリー・ドミナント」
第4回 ギターで作曲【4】
「おいしいコード」&「トゥ・ファイブ」
第5回 ギターで作曲【5】
ウラ・コード&コード装飾法
第6回 ギターで作曲【6】
ディミニッシュ&オーギュメント
第7回 ギターで作曲【7】
マイナーkey&マイナースケール
第8回 ギターで作曲【8】
分数コードによるベース・ラインなど
第9回 メジャースケールを覚えよう!【1】
指板上の並び方と覚え方
第10回 メジャースケールを覚えよう!【2】
“アセらず毎日”がキーワード
第11回 メジャースケールを覚えよう!【3】
コード・フォームとスケール・フォーム
第12回 コード・トーン・アルペジオ
“メロディアス”な感じを出そう
第13回 ペンタトニック裏技使用法【1】
ソロに『ペンタ』で“色”を加える
第14回 ペンタトニック裏技使用法【2】
『ペンタ』を使った様々なコード進行
第15回 マイナースケールを極めよう!!
基本のスケール3種類を覚えよう
第16回 モードの世界
7種類の“モード”を理解しよう
第17回 モードの世界2
“モード”の雰囲気をつかもう
第18回 リディアン7thスケール
あらゆるジャンルに適応できるスケール
第19回 ダブル・ストップを極めよう!!【1】
“オシャレ”な複音フレーズをマスター
第20回 ダブル・ストップを極めよう!!【2】
ギタープレイの幅をどんどん拡げよう
第21回 ホールトーン・スケールとコンディミ
“サウンド”で雰囲気をつかもう
第22回 トライアド(3和音)+α
トライアドとおいしい音で組み立てるフレーズ
第23回 使えるブルースバッキング【1】
気の利いたバッキング
第24回 使えるブルースバッキング【2】
使える6種類のバッキングを紹介

第7回 ギターで作曲【7】 ~簡単コード進行理論~

今回は『マイナー・キー』&『マイナー・スケール』について解説していきます。
これに合わせて“平行調”&“同主調”などの「メジャー・キー」との関係と転調について
話してみたいと思います。
コードの機能などの基本的な使い方は「メジャー・キー」の時と同じですので、今回紹介する『マイナーのダイアトニック・コード』を使って曲(コード進行)を作ってみてください。それでは始めましょう。

まず最初にもっともよく使われる、実用的な『マイナーのダイアトニック・コード』を紹介します。
各コードの構成音やスケールなどについては後ほど詳しく説明しますので、とにかく弾いてみてください。
マイナーは複雑すぎてムズカシイと感じてしまう方は、この『マイナーのダイアトニック・コード』を“まる覚え”してしまって構わないと思います。

KeyCm(Cメジャーのダイアトニックコードと比較しながら覚えてください)


 ※基本的なコードフォームを示しておきましたので
実際に弾いて雰囲気をつかんでください。


 ~マイナーには3つの基本スケールがある~
  マイナーには、何も手を加えない“ナチュラル・マイナー・スケール(自然短音階)”と目的別に改良された“ハーモニック・マイナー・スケール(和声的短音階)”&“メロディック・マイナー・スケール(旋律的短音階)”があります。
まずはそれぞれのスケールの構成音の違いをチェックしてみましょう。



※Cナチュラルマイナーの6番目(ラ)と7番目(シ)を半音上げたスケール
※ハーモニックマイナーとの違いは6番目の音(ラ→ラ)




   どのような流れ(目的)で“ハーモニック・マイナー・スケール”&“メロディック・マイナー・スケール”ができたのか、より詳しく見ていきましょう。なぜマイナーに3つの基本スケールができてしまったのかが解かると思います。

  Cナチュラルマイナースケール (Eメジャースケールの6番目のスケール)

コード進行上の解決感を出すためにV7(G7コードを作りたい。それには・・・
G7(V7)を作るためにシをシにしたマイナースケールは・・・・
| |
Cハーモニック・マイナー・スケール
このことから、ハーモニックマイナーはドミナント7thをマイナースケール上に作るためのスケールと言えます。だから名前も「和声的短音階」なんですね!!

VII (シ) VII (シ) にしたことによって次に問題になってくるのは、
ハーモニックマイナースケール上にできてしまう1音半音程です。

Cハーモニックマイナースケール
この1音半の音程はメロディをクラシック調にしてしまいます。
かなりクセのあるメロディになります。
そこで素直なメロディを作るために全音と半音のみのスケールを作る必要が出てきます。

そのために・・・
ハーモニックマイナーのVI (ラ) VI (ラ) にして、全音&半音の音程のみでできたマイナースケールになる。
| |
Cメロディックマイナースケール
Cメジャースケールの3番目の音のみが3rdになっているスケールと考えても良い
ドミナント7th(V7)を含みながら、さらに素直なメロディを作るためにすべての音程を全音&半音にしたスケールなので旋律的短音階」と呼ばれるわけです。




   ここで参考までに、3つのマイナーの基本スケール上に構成される3つの『ダイアトニック・スケール』をまとめて紹介しておきます。
3つを比較してみてください。中にはほとんど使用されないようなコードも出てきてしまいますが・・・・。
特に“ハーモニック・マイナー・スケール”&“メロディック・マイナー・スケール”は人工的に改良したスケールですのでより複雑です。

マイナーKeyのコード進行上での機能
トニックマイナー
(TM)
トニック
(T)
サブドミナントマイナー
(S.D.M)
サブドミナント
(S.D.)
ドンミナントマイナー
(DM)
ドンミナント
(D)


1.ナチュラル・マイナー・スケール上のダイアトニックコード

基本となるダイアトニックコード


 2.ハーモニック・マイナー・スケール上のダイアトニックコード

ポイントになります

=ナチュラルマイナーと異なる箇所


 3.メロディアック・マイナー・スケール上のダイアトニックコード

ポイントになります

=ハーモニックマイナーと異なる箇所
(ナチュラルマイナーとはすべてのコードが異なる)




   上記の3つのマイナー・ダイアトニック・コードの中から比較的よく使われるコードを取り出して、一番最初に紹介した“実用的な『マイナー・ダイアトニック・コード』”に加えておきますので、余裕のある人はこちらも参考にしてください。

KeyCm上での実用的なマイナーダイアトニックコード+α


となりますので参考にしてください。



   『平行調』とは、調号(♯,♭)が同じ“メジャー・キー”と“マイナー・キー”の関係を表す言葉です。
それではCメジャーKeyとAマイナーKeyの各スケールを比較してみます。


同じ主音から始まる=同主音

この2つのスケールを比較してみると同じ構成である事がわかります
つまりCメジャーKeyAマイナーKeyは同じ構成音のスケールでできていて始まる音(主音)が違うだけということになります

Cメジャーkeyの主音「」とAマイナーKeyの主音「」の音程を
見てみましょう。

これでわかるように平行調は・・・・
メジャーKeyから見た「短3度下(又は長6度上)」のマイナーKey
マイナーKeyから見た「短3度上(又は長6度下)」のメジャーKey
では実際に例を見てみましょう

平行調のメジャーKeyとマイナーKeyは同じスケールに成り立っているので、転調も簡単にできるので平行転調という手法は曲作りによく利用されます。



   『同主調』も“メジャー・キー”と“マイナー・キー”の関係を表す言葉です。
主音(始まる音)が同じ、つまりKeyCKeyCmということです。
どのような関係を指すのかは下図を参考にしてください。『平行調』との違いも合わせて理解しておくと良いでしょう。

同じ主音から始まる=同主調

では実際に例を見てみましょう
調号の違いに注意してください。

●まとめ
今回は「マイナー」について詳しく解説してみましたが、少し複雑だったかもしれません。
「マイナー」でも「メジャー」でも各コードの“機能”は同じように働くので、「メジャー」での知識を参考に「マイナー」の曲を作ってみてください。尚、『平行調』や『同主調』の転調などを駆使してドラマティックな展開の曲を作ってみるのもいいでしょう。
いろいろ試してみてください。次回は『アコギで作曲』シリーズの最終回になります。
メロディや分数コードについてアドバイスしてみたいと思います。お楽しみに。

(C) 2001 D.C.T. Project.Co.,Ltd.