ギターベース弦楽器 アコースティックギター エレキギター クラシック/フラメンコギター ベース/コントラバス ウクレレ バイオリン類 その他弦楽器 エフェクター アンプ/キャビネット ピックアップ/アッセンブリ 弦楽器用パーツ 弦楽器用アクセサリ/周辺機器 弦楽器用ケーブル/弦 ドラムパーカッション打楽器 ドラム エレクトリックドラム パーカッション 打楽器用機材/パーツ/アクセサリ ピアノキーボードシンセ ピアノ/電子ピアノ キーボード/電子オルガン/オルガン シンセサイザー/音源モジュール 鍵盤楽器用機材/パーツ/アクセサリ ブラス管楽器 サックス トランペット トロンボーン その他管楽器 管楽器用機材/パーツ/アクセサリ その他楽器 その他楽器 レコーディングMIDIPA機材 MTR/レコーダー ミキサー/コンソール オーディオインターフェイス プラグインエフェクト/アウトボード マイクロフォン モニタースピーカー/アンプ ヘッドフォン/イヤフォン リズムマシン/シーケンサー ケーブル/電源 DTM/DAWソフト/ソフトウェア音源 MIDI関連 PA関連 DJ関連 ターンテーブル/プレイヤー/CDJ/DVJ DJミキサー DJ用エフェクター/サンプラー デジタルDJ関連 DJ用パーツ/アクセサリ CDDVD書籍類 CD/DVD/書籍/楽譜/教則本
すべて 除外
キーワード
除外キーワード X
  1. >
  2. >
  3. 即戦力シリーズ|ギターで作曲【8】

マイページ

ギタ-テクニック

今回からリニューアル・スタートしたこのコーナーでは
「ルーツへ帰ろう!」&「フレットで覚える音楽の仕組み」の続編として
2つのコンテンツで勉強した基礎を活かして、より実戦的でわかり易く進めていきます。
わからない用語などがでてきたら前の2つのコーナーを見直してください。
第1回 ギターで作曲【1】
まずは基本の「ダイアトニック・コード」から
第2回 ギターで作曲【2】
「偽終止」と「サブ・ドミナント・マイナー」
第3回 ギターで作曲【3】
サビ作りの要になる「セカンダリー・ドミナント」
第4回 ギターで作曲【4】
「おいしいコード」&「トゥ・ファイブ」
第5回 ギターで作曲【5】
ウラ・コード&コード装飾法
第6回 ギターで作曲【6】
ディミニッシュ&オーギュメント
第7回 ギターで作曲【7】
マイナーkey&マイナースケール
第8回 ギターで作曲【8】
分数コードによるベース・ラインなど
第9回 メジャースケールを覚えよう!【1】
指板上の並び方と覚え方
第10回 メジャースケールを覚えよう!【2】
“アセらず毎日”がキーワード
第11回 メジャースケールを覚えよう!【3】
コード・フォームとスケール・フォーム
第12回 コード・トーン・アルペジオ
“メロディアス”な感じを出そう
第13回 ペンタトニック裏技使用法【1】
ソロに『ペンタ』で“色”を加える
第14回 ペンタトニック裏技使用法【2】
『ペンタ』を使った様々なコード進行
第15回 マイナースケールを極めよう!!
基本のスケール3種類を覚えよう
第16回 モードの世界
7種類の“モード”を理解しよう
第17回 モードの世界2
“モード”の雰囲気をつかもう
第18回 リディアン7thスケール
あらゆるジャンルに適応できるスケール
第19回 ダブル・ストップを極めよう!!【1】
“オシャレ”な複音フレーズをマスター
第20回 ダブル・ストップを極めよう!!【2】
ギタープレイの幅をどんどん拡げよう
第21回 ホールトーン・スケールとコンディミ
“サウンド”で雰囲気をつかもう
第22回 トライアド(3和音)+α
トライアドとおいしい音で組み立てるフレーズ
第23回 使えるブルースバッキング【1】
気の利いたバッキング
第24回 使えるブルースバッキング【2】
使える6種類のバッキングを紹介

第8回 ギターで作曲【8】 ~簡単コード進行理論~

今回まず紹介しておきたいのが『分数コードによるベース・ライン』についてです。
ルートだけでなく、他のコード・トーン(テンション含む)をベース音として使用することによってコード進行上の“ベース・ライン”をなめらかにすることができます。実際の例をあげながら解説していきますので、雰囲気の違いなどを体験して、自分の曲をグレード・アップしていってください。

もっとも代表的でよく使われる「ベースを下降させる」手法から解説していきます。
同じコード進行上にどのような「ベース・ライン」を当てはめられるか考えてみます。もともとのコード進行の響きと比較しながらチェックしてみてください。同じコード進行とは思えないくらいの変化があります。
非常に効果的なのでいろいろな「ベース・ライン」を探してみると良いでしょう。

  ベース・ラインを下降させる
進行例1と同じコード進行でベース音を下降させて進行例2を作ります。雰囲気の違いを感じてみてください。

 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


ペダル・ポイントを使用する
ベース音を一定に保ちながらその上でコードを進行させていきます。
一定のベースの上でコードが“すべる”ようにチェンジしていくので、“モード”を連想させるような独特の雰囲気になります。

進行例3のコード進行のベース音をA音でキープして進行例4を作ってみます。
雰囲気の違いを感じてみてください。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得






次に紹介してみたいのが『メロディの始まる音による雰囲気の違い』です。
曲というのはコード進行のみで出来ているはけではなくて、“メロディ”が乗って初めて完成するわけです。
“メロディ”がもっとも大切な要素と言っても過言ではないでしょう。コードに対して、そのコードの中の「どの音」からメロディを歌い始めるかによって、同じコード(またはコード進行)上でもまったく違うメロディを作ることができるのです。
おもしろいアイディアですので、ぜひ声に出して試してみてください。
私自身もメロディの「マンネリ」を解消するためによくこの方法を用いています。

Cコード(トライアド3和音)
POINT!
C( I )コードに対して、次の音からメロディを歌いはじめてみてください。
すべての音、それぞれのカラーをもったメロディができるので試してみてください。

Rootから始まるメロディは、やはり安定して率直な印象です。
9thから始まるメロディは、コードから浮き上がって明るくオシャレな印象です。
3rdから始まるメロディは、ルートの時と似ていてコードに解けた率直で聞きやすい印象です。
Avoidである11thから始まるメロディは、11th→3rdなどの使い方をするととてもよい感じです。
「不安定→安定」をキーワードにメロディを作ってみてください。
5thから始まるメロディは、Root、3rdの時と比べて明るくメロディが前に出る印象です。
13thから始まるメロディは、メジャーコードでありながらマイナー感のある哀愁を感じるメロディが出来上がります。
7thから始まるメロディは、かなり浮遊感のある不思議でオシャレな印象です。
7thから始まるメロディは、C7を感じるロックテイストのカッコイイ印象です。
11thから始まるメロディは、かなりアブナイ印象ですが、使い方によっては個性的で印象深いメロディが作れるでしょう。



最後に簡単ですが『アナライズ(分析)』について解説しておきます。
人の曲、過去の名曲などを自分なりに分析して、そこからたくさんのアイディアをもらって自分の曲作りに活かしていくことは非常に大切な作業だと思います。その「やり方」「書き方」などを簡単に紹介しておきますので参考にしてください。
  手順1では、曲全体の構造やサイズをチェックします。
手順2では、手順1の譜面に書き加える形で各コードの役割りを細かく分析していきます。


 ↓クリックすると手順ごとの譜面を表示します。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


手順1の譜面に書き加える形で手順2のように各コードの役割りを細かく分析していきます。
「トニック」、「サブドミナント」、「ドミナント」、「セカンダリー・ドミナント」、「サブドミナント・マイナー」、「ドミナント・モーション」、「トゥ・ファイブ」、「転調」・・・・。すべてのコードをチェックしていくと、その曲のポイントや「カギ」になるコードの使い方などを発見できるはずです。理論に当てはまらないけどもカッコイイ、パターンやコードもどんどんメモして曲作りのネタを増やしていってください。なるべくたくさんの曲を分析してみると良いでしょう。

●まとめ
これで『アコギで作曲~簡単コード進行理論』は終了です。『フレットで覚える音楽理論』のコーナーと合わせて総復習してみてください。根拠のあるしっかりとした知識を身に付けて、みなさんの湧き出る「インスピレーション」を素早くイメージ通りの形(曲)にして、納得のいく曲をたくさん作ってください。
次回からは、すべての基本となる『メジャー・スケール』について解説していきたいと思います。お楽しみに。

(C) 2001 D.C.T. Project.Co.,Ltd.