ギターベース弦楽器 アコースティックギター エレキギター クラシック/フラメンコギター ベース/コントラバス ウクレレ バイオリン類 その他弦楽器 エフェクター アンプ/キャビネット ピックアップ/アッセンブリ 弦楽器用パーツ 弦楽器用アクセサリ/周辺機器 弦楽器用ケーブル/弦 ドラムパーカッション打楽器 ドラム エレクトリックドラム パーカッション 打楽器用機材/パーツ/アクセサリ ピアノキーボードシンセ ピアノ/電子ピアノ キーボード/電子オルガン/オルガン シンセサイザー/音源モジュール 鍵盤楽器用機材/パーツ/アクセサリ ブラス管楽器 サックス トランペット トロンボーン その他管楽器 管楽器用機材/パーツ/アクセサリ その他楽器 その他楽器 レコーディングMIDIPA機材 MTR/レコーダー ミキサー/コンソール オーディオインターフェイス プラグインエフェクト/アウトボード マイクロフォン モニタースピーカー/アンプ ヘッドフォン/イヤフォン リズムマシン/シーケンサー ケーブル/電源 DTM/DAWソフト/ソフトウェア音源 MIDI関連 PA関連 DJ関連 ターンテーブル/プレイヤー/CDJ/DVJ DJミキサー DJ用エフェクター/サンプラー デジタルDJ関連 DJ用パーツ/アクセサリ CDDVD書籍類 CD/DVD/書籍/楽譜/教則本
すべて 除外
キーワード
除外キーワード X
  1. >
  2. >
  3. 即戦力シリーズ|メジャースケールを覚えよう!【2】

マイページ

ギタ-テクニック

今回からリニューアル・スタートしたこのコーナーでは
「ルーツへ帰ろう!」&「フレットで覚える音楽の仕組み」の続編として
2つのコンテンツで勉強した基礎を活かして、より実戦的でわかり易く進めていきます。
わからない用語などがでてきたら前の2つのコーナーを見直してください。
第1回 ギターで作曲【1】
まずは基本の「ダイアトニック・コード」から
第2回 ギターで作曲【2】
「偽終止」と「サブ・ドミナント・マイナー」
第3回 ギターで作曲【3】
サビ作りの要になる「セカンダリー・ドミナント」
第4回 ギターで作曲【4】
「おいしいコード」&「トゥ・ファイブ」
第5回 ギターで作曲【5】
ウラ・コード&コード装飾法
第6回 ギターで作曲【6】
ディミニッシュ&オーギュメント
第7回 ギターで作曲【7】
マイナーkey&マイナースケール
第8回 ギターで作曲【8】
分数コードによるベース・ラインなど
第9回 メジャースケールを覚えよう!【1】
指板上の並び方と覚え方
第10回 メジャースケールを覚えよう!【2】
“アセらず毎日”がキーワード
第11回 メジャースケールを覚えよう!【3】
コード・フォームとスケール・フォーム
第12回 コード・トーン・アルペジオ
“メロディアス”な感じを出そう
第13回 ペンタトニック裏技使用法【1】
ソロに『ペンタ』で“色”を加える
第14回 ペンタトニック裏技使用法【2】
『ペンタ』を使った様々なコード進行
第15回 マイナースケールを極めよう!!
基本のスケール3種類を覚えよう
第16回 モードの世界
7種類の“モード”を理解しよう
第17回 モードの世界2
“モード”の雰囲気をつかもう
第18回 リディアン7thスケール
あらゆるジャンルに適応できるスケール
第19回 ダブル・ストップを極めよう!!【1】
“オシャレ”な複音フレーズをマスター
第20回 ダブル・ストップを極めよう!!【2】
ギタープレイの幅をどんどん拡げよう
第21回 ホールトーン・スケールとコンディミ
“サウンド”で雰囲気をつかもう
第22回 トライアド(3和音)+α
トライアドとおいしい音で組み立てるフレーズ
第23回 使えるブルースバッキング【1】
気の利いたバッキング
第24回 使えるブルースバッキング【2】
使える6種類のバッキングを紹介

第10回 メジャースケールを覚えよう!【2】

今回は『メジャー・スケール』をさらに理解して、使いこなすために有効な“練習法” を紹介します。 様々な“音形”&“音程”を使ってトレーニングしていくわけですが、基本的にオルタネイト・ピキングで練習してください。ここで使用する運指は、なる べくそのまま実戦で使えるものを選びましたので、単なる「指の運動」ではなく、指板上の『音の並び』を覚えたり、『フレーズ』のように歌いながら弾いたり、各自自分に必要なテーマを探して練習してください。
また「メトロノーム」などを使用して、一定のテンポでの練習をお薦めします。 『速弾き』を目指すなら確実に弾きこなせるようになってから「テンポ」を上げていく手順で練習を進めていってください。
『速さ』 より『確実性』を重視しするのが大切なポイントです。
“アセらず毎日”がキーワードですよ!それでは始めましょう。

前回覚えたメジャー・スケールの様々なフォームの中から今回は「アイオニアン・フ ォーム」&「フリジアン・フォーム」でのTAB譜を掲載しておきますが、できれば「アイオニアン・フォーム」~「ロクリアン・フォーム」までのすべての形(フォー ム)で練習してください。

Cメジャースケール
横型アイオニアン・フォーム(6弦Root) 縦型フリジアン・フォーム(5弦Root)


 ★各「音形」に対して上記の2つのフォームでのTAB譜を例として挙げておきますので参考にしてください。


練習1・・・「3音ずつ」の上昇&下降パターン


上昇

下降








練習2・・・「4音ずつ」の上昇&下降パターン

上昇

下降







練習3・・・「6音ずつ」の上昇&下降パターン


上昇

下降







練習4・・・「3度音程」での練習
 

上昇

下降






練習5・・・「4度音程」での練習 

上昇

下降







練習6・・・「5度音程」での練習 

上昇

下降






練習7・・・「6度音程」での練習 

上昇

下降







最後にメジャー・スケールの中で“ダイアトニック・コード”を弾いていく練習(コード・トーン・アルペジオ)です。
シングル・ノート(単音)で『コード感』を演出できるので、指グセにしてしまうくらい覚えると、非常に役に立つ練習です。
「音名」を口に出しながら弾くと指板上の音やコードの構成音も頭に入るのでお薦めです。


練習8・・・「3和音でコード・トーン・アルペジオ」での練習

上昇

下降







練習9・・・「4和音でコード・トーン・アルペジオ」での練習

上昇

下降





●まとめ
前回に引き続き、『メジャー・スケール』をマスターするための練習法を紹介しました。
始めは覚える事が多くて大変な印象を受けますが、ゆっくり時間をかけて確実にマスターしてください。
すべての基本になるスケールですのでぜひとも、自分の“モノ”にしてください。
ドレミファ・・・(音)と指板が連動するまで根気よく頑張ってください。
新たな世界が開けるでしょう。
ソロにもバッキングにも、色々な場面で効果的に使用できますので、頑張ってください。

(C) 2001 D.C.T. Project.Co.,Ltd.