ギターベース弦楽器 アコースティックギター エレキギター クラシック/フラメンコギター ベース/コントラバス ウクレレ バイオリン類 その他弦楽器 エフェクター アンプ/キャビネット ピックアップ/アッセンブリ 弦楽器用パーツ 弦楽器用アクセサリ/周辺機器 弦楽器用ケーブル/弦 ドラムパーカッション打楽器 ドラム エレクトリックドラム パーカッション 打楽器用機材/パーツ/アクセサリ ピアノキーボードシンセ ピアノ/電子ピアノ キーボード/電子オルガン/オルガン シンセサイザー/音源モジュール 鍵盤楽器用機材/パーツ/アクセサリ ブラス管楽器 サックス トランペット トロンボーン その他管楽器 管楽器用機材/パーツ/アクセサリ その他楽器 その他楽器 レコーディングMIDIPA機材 MTR/レコーダー ミキサー/コンソール オーディオインターフェイス プラグインエフェクト/アウトボード マイクロフォン モニタースピーカー/アンプ ヘッドフォン/イヤフォン リズムマシン/シーケンサー ケーブル/電源 DTM/DAWソフト/ソフトウェア音源 MIDI関連 PA関連 DJ関連 ターンテーブル/プレイヤー/CDJ/DVJ DJミキサー DJ用エフェクター/サンプラー デジタルDJ関連 DJ用パーツ/アクセサリ CDDVD書籍類 CD/DVD/書籍/楽譜/教則本
すべて 除外
キーワード
除外キーワード X
  1. >
  2. >
  3. 即戦力シリーズ|モードの世界

マイページ

ギタ-テクニック

今回からリニューアル・スタートしたこのコーナーでは
「ルーツへ帰ろう!」&「フレットで覚える音楽の仕組み」の続編として
2つのコンテンツで勉強した基礎を活かして、より実戦的でわかり易く進めていきます。
わからない用語などがでてきたら前の2つのコーナーを見直してください。
第1回 ギターで作曲【1】
まずは基本の「ダイアトニック・コード」から
第2回 ギターで作曲【2】
「偽終止」と「サブ・ドミナント・マイナー」
第3回 ギターで作曲【3】
サビ作りの要になる「セカンダリー・ドミナント」
第4回 ギターで作曲【4】
「おいしいコード」&「トゥ・ファイブ」
第5回 ギターで作曲【5】
ウラ・コード&コード装飾法
第6回 ギターで作曲【6】
ディミニッシュ&オーギュメント
第7回 ギターで作曲【7】
マイナーkey&マイナースケール
第8回 ギターで作曲【8】
分数コードによるベース・ラインなど
第9回 メジャースケールを覚えよう!【1】
指板上の並び方と覚え方
第10回 メジャースケールを覚えよう!【2】
“アセらず毎日”がキーワード
第11回 メジャースケールを覚えよう!【3】
コード・フォームとスケール・フォーム
第12回 コード・トーン・アルペジオ
“メロディアス”な感じを出そう
第13回 ペンタトニック裏技使用法【1】
ソロに『ペンタ』で“色”を加える
第14回 ペンタトニック裏技使用法【2】
『ペンタ』を使った様々なコード進行
第15回 マイナースケールを極めよう!!
基本のスケール3種類を覚えよう
第16回 モードの世界
7種類の“モード”を理解しよう
第17回 モードの世界2
“モード”の雰囲気をつかもう
第18回 リディアン7thスケール
あらゆるジャンルに適応できるスケール
第19回 ダブル・ストップを極めよう!!【1】
“オシャレ”な複音フレーズをマスター
第20回 ダブル・ストップを極めよう!!【2】
ギタープレイの幅をどんどん拡げよう
第21回 ホールトーン・スケールとコンディミ
“サウンド”で雰囲気をつかもう
第22回 トライアド(3和音)+α
トライアドとおいしい音で組み立てるフレーズ
第23回 使えるブルースバッキング【1】
気の利いたバッキング
第24回 使えるブルースバッキング【2】
使える6種類のバッキングを紹介

第16回 モードの世界

今回は“モード”の世界に足を踏み入れてみたいと思います。
ポップスやロックでよく使用される『ドリアン・モード』や『ミクソリディアン・モード』、『リディアン・モード』などの名前は耳にした事があるかもしれません。またスケールを覚えなくてはいけないのかと、イヤな予感がしている方もいらっしゃるかもしれませんが、メジャー・スケールをしっかり覚えてさえいれば、“中心音”をズラすだけで簡単に“モード”の雰囲気&世界を楽しむことができます。まずはメジャースケールのそれぞれの『形』に付いていた名前を思い出してみて下さい。各フォーム(形)に『イオニアン』や『エオリアン』などの名前が付いていたと思いますが、その各フォームの名前がそのまま7種類の“モード・スケール”になるのです。つまりメジャー・スケールさえ弾ければ、すでに7種類の“モード”が弾けるということになるわけです。

 “モード”の世界で非常に重要になってくるのが、『トーナリティ』という概念です。
『トーナリティ』=『調性』のことです。keyとはちょっと概念が違っていて、わかりにくいですが、“モードスケール” では “中心になる音を表している”という風に解釈して問題ないと思います。つまり、“モード”の世界ではトニックなどの中心になる『コード』は無く、あくまで『トーナリティ』としてのシングルノート(単音)を中心にした(その音から始まる)『スケール』が音楽の主役になる(楽曲を支配する)アプローチです。沖縄やインドなどの民族音楽や古くはグレゴリオ聖歌などが代表的です。ブルースもある種、ペンタトニックスケールを主役にした“モード音楽”と言えるかもしれません。 楽曲のコード進行に合わせてスケールを選ぶ一般的な音楽の作り方&アプローチに対して、コード進行の制約を受けること無く、あくまで“モード・スケール(音階)”を中心にメロディを自由に展開していく手法です。
各“モード”がそれぞれ独特の雰囲気を持っていて、コード進行も『解決』しないのが特徴です。
ジャズ界の天才、マイルス・デイビスやジョン・コルトレーンが、この“モード”でのアプローチをポピュラーミュージックに持ちこんで独自の理論&世界感を確立して一般的に広めてくれました。



Cメジャー・スケールと『ド(C)』を中心音(トーナリティ)とした各“モード”のフォーム&ポジションを比較しながら並べてみますので、各スケール(モード)の「全」音程&「半」音程の並び順にも注意して“モード”の考え方に慣れてみて下さい。また、同時に『特性音(キャラクター・トーン)』もチェックしておくと良いでしょう。
 
※『特性音』(キャラクター・トーン)とは?
それぞれのスケール内の最もその“モード”の雰囲気を表してくれる『音』のことです。
“モード”の世界では通常のコード・スケールにあるような「アボイド」などの「使用音の制約」が無くなります。
スケール中心の“モード音楽”ではスケールのすべての音を平等に使えるわけですが、もともとの「アボイド」に当たる音がその“モード”の特徴&雰囲気を作っている事が多いので、積極的に使用するとその“モード”の世界を上手く表現できます。


  ドから始まるCメジャー・スケール


※CイオニアンスケールはCメジャースケールと同じスケールにあたります
  ドから始まるCイオニアン・スケール


  レから始まるCメジャー・スケール
  ドから始まるCドリアン・スケール


  ミから始まるCメジャー・スケール
  ドから始まるCフリジアン・スケール


  ファから始まるCメジャー・スケール
  ドから始まるCリディアン・スケール


  ソから始まるCメジャー・スケール
  ドから始まるCミクソリディアン・スケール

  ラから始まるCメジャー・スケール

(※Aナチュラルマイナースケールにあたる)


※エオリアンスケールはそのままナチュラルマイナースケールにあたります
 ドから始まるCエオリアン・スケール
 (Cナチュラルマイナースケール)

  シから始まるCメジャー・スケール
 ドから始まるCロクリアン・スケール


 メジャー系、マイナー系に整理してみます。
メジャー・スケールと違うのはどの音か、ナチュラル・マイナー・スケールと違うのはどの音か、それぞれチェックしてみて下さい。



●まとめ
次回は各モードの雰囲気をもっともよく表す“コード”の作り方を説明したいと思います。
スケールを弾くだけよりも、より具体的に雰囲気をつかめると思います。
今回の解説と合わせて、ぜひ“モード”を理解して、コード進行などの制約から解放された自由なアドリブやメロディの世界を存分に楽しんで下さい。



(C) 2001 D.C.T. Project.Co.,Ltd.