ギターベース弦楽器 アコースティックギター エレキギター クラシック/フラメンコギター ベース/コントラバス ウクレレ バイオリン類 その他弦楽器 エフェクター アンプ/キャビネット ピックアップ/アッセンブリ 弦楽器用パーツ 弦楽器用アクセサリ/周辺機器 弦楽器用ケーブル/弦 ドラムパーカッション打楽器 ドラム エレクトリックドラム パーカッション 打楽器用機材/パーツ/アクセサリ ピアノキーボードシンセ ピアノ/電子ピアノ キーボード/電子オルガン/オルガン シンセサイザー/音源モジュール 鍵盤楽器用機材/パーツ/アクセサリ ブラス管楽器 サックス トランペット トロンボーン その他管楽器 管楽器用機材/パーツ/アクセサリ その他楽器 その他楽器 レコーディングMIDIPA機材 MTR/レコーダー ミキサー/コンソール オーディオインターフェイス プラグインエフェクト/アウトボード マイクロフォン モニタースピーカー/アンプ ヘッドフォン/イヤフォン リズムマシン/シーケンサー ケーブル/電源 DTM/DAWソフト/ソフトウェア音源 MIDI関連 PA関連 DJ関連 ターンテーブル/プレイヤー/CDJ/DVJ DJミキサー DJ用エフェクター/サンプラー デジタルDJ関連 DJ用パーツ/アクセサリ CDDVD書籍類 CD/DVD/書籍/楽譜/教則本
すべて 除外
キーワード
除外キーワード X
  1. >
  2. >
  3. 即戦力シリーズ|トライアド(3和音)+α

マイページ

ギタ-テクニック

今回からリニューアル・スタートしたこのコーナーでは
「ルーツへ帰ろう!」&「フレットで覚える音楽の仕組み」の続編として
2つのコンテンツで勉強した基礎を活かして、より実戦的でわかり易く進めていきます。
わからない用語などがでてきたら前の2つのコーナーを見直してください。
第1回 ギターで作曲【1】
まずは基本の「ダイアトニック・コード」から
第2回 ギターで作曲【2】
「偽終止」と「サブ・ドミナント・マイナー」
第3回 ギターで作曲【3】
サビ作りの要になる「セカンダリー・ドミナント」
第4回 ギターで作曲【4】
「おいしいコード」&「トゥ・ファイブ」
第5回 ギターで作曲【5】
ウラ・コード&コード装飾法
第6回 ギターで作曲【6】
ディミニッシュ&オーギュメント
第7回 ギターで作曲【7】
マイナーkey&マイナースケール
第8回 ギターで作曲【8】
分数コードによるベース・ラインなど
第9回 メジャースケールを覚えよう!【1】
指板上の並び方と覚え方
第10回 メジャースケールを覚えよう!【2】
“アセらず毎日”がキーワード
第11回 メジャースケールを覚えよう!【3】
コード・フォームとスケール・フォーム
第12回 コード・トーン・アルペジオ
“メロディアス”な感じを出そう
第13回 ペンタトニック裏技使用法【1】
ソロに『ペンタ』で“色”を加える
第14回 ペンタトニック裏技使用法【2】
『ペンタ』を使った様々なコード進行
第15回 マイナースケールを極めよう!!
基本のスケール3種類を覚えよう
第16回 モードの世界
7種類の“モード”を理解しよう
第17回 モードの世界2
“モード”の雰囲気をつかもう
第18回 リディアン7thスケール
あらゆるジャンルに適応できるスケール
第19回 ダブル・ストップを極めよう!!【1】
“オシャレ”な複音フレーズをマスター
第20回 ダブル・ストップを極めよう!!【2】
ギタープレイの幅をどんどん拡げよう
第21回 ホールトーン・スケールとコンディミ
“サウンド”で雰囲気をつかもう
第22回 トライアド(3和音)+α
トライアドとおいしい音で組み立てるフレーズ
第23回 使えるブルースバッキング【1】
気の利いたバッキング
第24回 使えるブルースバッキング【2】
使える6種類のバッキングを紹介

第22回 トライアド(3和音)+α

今回は「トライアド(3和音=ドミソ)」と「その周りにあるオイシイ音」の組み合わせでフレーズを組み立てる技を紹介したいと思います。
これは“スケール”をいっさい使わずに、コードを弾く感覚でアドリブできるアイディアなので非常に簡単です。
さらにコード進行に合わせてお洒落にアドリブできる夢のような手法ですので、ぜひマスターしてマンネリ化した自分にスパイスを加えて下さい。ペンタ一発でアドリブしてしまいがちなブルースを題材に使い方や考え方を覚えていきます。

まずはブルースの基本進行をおさらいしましょう。一般的な「Key A」のブルースを使用します。
12小節目の「V
7(E7)」コードについては「Root(ルート)」を弾けばOKです。




基本コード・フォームからトライアド(3和音)の形をチェックします。3~4弦しか使いませんので簡単です。
スケールのことはいっさい考えなくてOKです。
また、トライアドの周りにある“オイシイ音”(+α)の位置もチェックしましょう。
今回はブルースを使用しますので『7thコード』のみ解説しますが、他の「
7thコード」や「マイナーコード」にも応用してみて下さい。



上記の「音の位置」を覚えたら、実際にフレーズを作ってみます。どのような“音の動き”をすればカッコよくなるのか
意識しながら弾いてみて下さい。トライアド(3和音)以外の音に印をつけてありますので、トライアドとどう組み合わせていくのか、
しっかり考えながら練習すると効果的です。







ブルースの最後の2小節(11~12小節目)にはよく最初に戻るための「ターンアラウンド」という“かたまり”フレーズを弾くことが多い事は
ご存知だと思います。バッキングでは当たり前の「ターンアラウンド」をアドリブの中でも弾けたら、コード進行にバッチリ合ってカッコイイですよね!!
また、しっかりと最初に戻る感じが出るのでアドリブ全体の構成もしやすくなります。簡単に考えて「I 7」コードのルートから「V7」コードのルートをつなげばOKです。

I7」コードのルート&「V7」コードのルートの位置
I 7」コードのルートから「V7」コードのルートへの道しるべを図にしてみたので位置関係を覚えましょう。
フレーズ例を紹介してみますので、実際に音を出しながら雰囲気をつかんで下さい。
また、クロマチック(半音階)をうまく利用すると滑らかで変化に富むフレーズを作ることができます。








それでは上記のアイデイアを使って「トライアド(3和音)+α」でブルースを組み立ててみます。
かなりジャジーでお洒落な雰囲気になりますよね!!バッキングを鳴らしながら弾いてみるととても気持ちいいですよ。

●まとめ
「簡単なのにカッコイイ」実戦的なアプローチを紹介してみました。スケールを覚えたけどなかなか使いこなせないという人はぜひ「トライアド(3和音)+α」をスケールにブレンドしてアドリブしてみて下さい。かなりセンス・アップできるはずです。実はこの7thコードの「トライアド(3和音)+α」はほとんど「ミクソリディアン・スケール」と同様の音使いになるので、極論ですが「ミクソリディアン・スケール」はもう覚えたも同然です(笑)。それでは頑張って下さい。



(C) 2001 D.C.T. Project.Co.,Ltd.