ギターベース弦楽器 アコースティックギター エレキギター クラシック/フラメンコギター ベース/コントラバス ウクレレ バイオリン類 その他弦楽器 エフェクター アンプ/キャビネット ピックアップ/アッセンブリ 弦楽器用パーツ 弦楽器用アクセサリ/周辺機器 弦楽器用ケーブル/弦 ドラムパーカッション打楽器 ドラム エレクトリックドラム パーカッション 打楽器用機材/パーツ/アクセサリ ピアノキーボードシンセ ピアノ/電子ピアノ キーボード/電子オルガン/オルガン シンセサイザー/音源モジュール 鍵盤楽器用機材/パーツ/アクセサリ ブラス管楽器 サックス トランペット トロンボーン その他管楽器 管楽器用機材/パーツ/アクセサリ その他楽器 その他楽器 レコーディングMIDIPA機材 MTR/レコーダー ミキサー/コンソール オーディオインターフェイス プラグインエフェクト/アウトボード マイクロフォン モニタースピーカー/アンプ ヘッドフォン/イヤフォン リズムマシン/シーケンサー ケーブル/電源 DTM/DAWソフト/ソフトウェア音源 MIDI関連 PA関連 DJ関連 ターンテーブル/プレイヤー/CDJ/DVJ DJミキサー DJ用エフェクター/サンプラー デジタルDJ関連 DJ用パーツ/アクセサリ CDDVD書籍類 CD/DVD/書籍/楽譜/教則本
すべて 除外
キーワード
除外キーワード X
  1. >
  2. >
  3. 即戦力シリーズ|使えるブルースバッキング【2】

マイページ

ギタ-テクニック

今回からリニューアル・スタートしたこのコーナーでは
「ルーツへ帰ろう!」&「フレットで覚える音楽の仕組み」の続編として
2つのコンテンツで勉強した基礎を活かして、より実戦的でわかり易く進めていきます。
わからない用語などがでてきたら前の2つのコーナーを見直してください。
第1回 ギターで作曲【1】
まずは基本の「ダイアトニック・コード」から
第2回 ギターで作曲【2】
「偽終止」と「サブ・ドミナント・マイナー」
第3回 ギターで作曲【3】
サビ作りの要になる「セカンダリー・ドミナント」
第4回 ギターで作曲【4】
「おいしいコード」&「トゥ・ファイブ」
第5回 ギターで作曲【5】
ウラ・コード&コード装飾法
第6回 ギターで作曲【6】
ディミニッシュ&オーギュメント
第7回 ギターで作曲【7】
マイナーkey&マイナースケール
第8回 ギターで作曲【8】
分数コードによるベース・ラインなど
第9回 メジャースケールを覚えよう!【1】
指板上の並び方と覚え方
第10回 メジャースケールを覚えよう!【2】
“アセらず毎日”がキーワード
第11回 メジャースケールを覚えよう!【3】
コード・フォームとスケール・フォーム
第12回 コード・トーン・アルペジオ
“メロディアス”な感じを出そう
第13回 ペンタトニック裏技使用法【1】
ソロに『ペンタ』で“色”を加える
第14回 ペンタトニック裏技使用法【2】
『ペンタ』を使った様々なコード進行
第15回 マイナースケールを極めよう!!
基本のスケール3種類を覚えよう
第16回 モードの世界
7種類の“モード”を理解しよう
第17回 モードの世界2
“モード”の雰囲気をつかもう
第18回 リディアン7thスケール
あらゆるジャンルに適応できるスケール
第19回 ダブル・ストップを極めよう!!【1】
“オシャレ”な複音フレーズをマスター
第20回 ダブル・ストップを極めよう!!【2】
ギタープレイの幅をどんどん拡げよう
第21回 ホールトーン・スケールとコンディミ
“サウンド”で雰囲気をつかもう
第22回 トライアド(3和音)+α
トライアドとおいしい音で組み立てるフレーズ
第23回 使えるブルースバッキング【1】
気の利いたバッキング
第24回 使えるブルースバッキング【2】
使える6種類のバッキングを紹介

第24回 使えるブルースバッキング【2】

今回も使えるバッキングをご紹介していきます。かっこいいバッキングが弾けるようになるとなぜかソロもカッコよくなってくるから
不思議です。やはりリズム感が鍛えられるからでしょうね!!
第2段も基本的なパターンからちょっと変わったお洒落なパターンまで6種類のバッキングを紹介してみたいと思います。
前回同様に色々なKeyの基本的なブルース進行に当てはめてありますので、まずは弾いて楽しんで下さい。
各リフのルートの位置をチェックしておくと、Keyチェンジにも対応できるようになりますので、リフの「ルート」は必ず確認しながら
練習しましょう。



KeyAの8ビート・パターンです。ブルースの基本的なバッキングパターンですが4拍目が16ビートになっているのが特徴です。
これだけでスピード感が増してノリノリになるので面白いですね。
12小節目がターンアラウンドになっていますが他の小節はすべて同じパターン(リフ)を使用しています。
最後の「」はローコードの「」のコードフォームで押さえて下さい。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得





またまたKeyAのスロー~ミディアムテンポによく合うシャッフル・パターンです。
同じ形をずらすだけで6thコードと9thコードになっていますので簡単でお洒落な“オイシイ”パターンです。
C7]&「D7」では薬指1本での6thコードと9thコードになりますから覚えておくと便利です。
最後の12小節目では「E7」を半音移動する形のターンアラウンドになっていますが、半音2つでの移動もよくありますので慣れてみて下さい。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得





KeyGのスロー・パターンです。ブルース・バッキング特有の「6th」と「7th」を使った低音ラインと「6度ハーモニー」を使用したお洒落なパターンです。
ピックと中指ではさんで弦を弾く、右手の使い方にもなれましょう。3拍目のウラから入るリフですのでリズムを見失わないように気をつけて下さい。
さらに“ルート”からではなく“5th”から始まるリフですのでコードも見失わないように、ルートとの位置関係をしっかり把握しながら弾いて下さい。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得





KeyEの8ビート・パターンです。ジミヘン・コードを2拍目にアクセントとして入れるノリの良いリフです。
このリフは2小節でひとかたまりになっていて、16ビートと8ビートが混ぜこぜになったピッキング(ストローク)で弾きます。
慣れるまで違和感があるかもしれませんが、このピッキングでしか出せないノリがありますので最初は譜面の指示どおりの「ダウン&アップ」を守って
弾いて下さい。9&10小節目は「A7(IV7)」には進まず「B7(V7)]で2小節通しますが、10小節目で一度半音上の「C7(VI7)」で飾ります。
このような半音進行はよくありますのでどんどん使ってみて下さい。


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得





KeyFの8ビート・パターンです。12小節目以外は同じ「リフ」を移動する形で作られています。16ビートのリフですが特に4拍目の16分音符ひとつ分の休符を
しっかり取れるようにしましょう。この休符が呼吸やノリを作っています。加えて、1~3拍目には“ゴーストノート”を入れてノリを加速させて下さい。
参考音源を参考にゴーストノートを積極的に使えるように意識して研究してみて下さい。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得





またまたKeyFのバッキングですが今度はシャッフルのパターンです。
6弦のルートを豪快にからめたリフは厚みのあるかっこいいサウンドを作ってくれます。
コードは押さえずにリズムのノリだけで弾いていきますが、ポジション移動が多いですから押さえるフレットを間違えないように気をつけましょう。
7」のパートの3度の音程の音使いなども参考になると思いますのでルートからの位置をしっかり把握しておいて下さい。
C9]~「9」の流れもとてもオイシイのでまる覚えしてしまってよいでしょう。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


(C) 2001 D.C.T. Project.Co.,Ltd.