ギターベース弦楽器 アコースティックギター エレキギター クラシック/フラメンコギター ベース/コントラバス ウクレレ バイオリン類 その他弦楽器 エフェクター アンプ/キャビネット ピックアップ/アッセンブリ 弦楽器用パーツ 弦楽器用アクセサリ/周辺機器 弦楽器用ケーブル/弦 ドラムパーカッション打楽器 ドラム エレクトリックドラム パーカッション 打楽器用機材/パーツ/アクセサリ ピアノキーボードシンセ ピアノ/電子ピアノ キーボード/電子オルガン/オルガン シンセサイザー/音源モジュール 鍵盤楽器用機材/パーツ/アクセサリ ブラス管楽器 サックス トランペット トロンボーン その他管楽器 管楽器用機材/パーツ/アクセサリ その他楽器 その他楽器 レコーディングMIDIPA機材 MTR/レコーダー ミキサー/コンソール オーディオインターフェイス プラグインエフェクト/アウトボード マイクロフォン モニタースピーカー/アンプ ヘッドフォン/イヤフォン リズムマシン/シーケンサー ケーブル/電源 DTM/DAWソフト/ソフトウェア音源 MIDI関連 PA関連 DJ関連 ターンテーブル/プレイヤー/CDJ/DVJ DJミキサー DJ用エフェクター/サンプラー デジタルDJ関連 DJ用パーツ/アクセサリ CDDVD書籍類 CD/DVD/書籍/楽譜/教則本
すべて 除外
キーワード
除外キーワード X
  1. JギターHOME >
  2. ギタ-テクニック

マイページ

ギタ-テクニック

Guitarよもやま話
第1回 オクターブチューニングをあわせよう
あなたのギターは大丈夫?
第2回 “ウラ拍”を鍛えよう
ノリの基本はバックビート
第3回 ネックをチェックしよう
ネックは生きている
第4回 色々なフラット・ピックを試そう!
ピックによってキャラクターの違う音が出る
第5回 「耳コピ」にチャレンジしよう!
「根気」と「慣れ」が大事!
第6回 コードをぶっちぎれ!
理論はあとまわしでとりあえず楽しもう!
第7回 変則チューニング大百科1
オープンやドロップチューニング
第8回 変則チューニング大百科2
少し変わったチューニングにもチャレンジ!
第9回 ハンマリング・オンとプリング・オフ
項目別基本テクニックCHECK!第一回
第10回 トリル、グリス&スライド
項目別基本テクニックCHECK!第二回
第11回 チョーキング
項目別基本テクニックCHECK!第三回
第12回 ビブラート
項目別基本テクニックCHECK!第四回
第13回 アルペジオ
これは便利!!右手パターン集【1】
第14回 右手バリエーション
これは便利!!右手パターン集【2】
第15回 ピック・カッティング
これは便利!!右手パターン集【3】
第16回 ピックで弾くアルペジオ他
これは便利!!右手パターン集【4】
第17回 ウォーム・アップ・エクササイズ
運指トレーニングを兼ねたエクササイズ
第18回 ウォーム・アップ・エクササイズ2
実戦に役立つエクササイズ
第19回 歪みを知る!
いい音を作るために基本を理解しよう!
第20回 手クセ・フレーズ集
“すぐに使える”便利なフレーズ集
第21回 エフェクターの接続順
どんな種類があるの?接続順は?
第22回 アンプ&エフェクター
状況別セッティング例を紹介!
第23回 音楽用語辞典
今さら聞けない用語をピックアップ
第24回 TAB譜記号辞典
色々な奏法を示す“記号”を理解しよう
第8回 変則チューニング大百科2

前回に引き続き、様々なチューニングを紹介していきます。それぞれのチューニングのもつユニークな響きはみなさんの創造意欲を刺激してくれることでしょう。今回は少し変わったチューニングが多くなりますが、なるべく1つのベースとなるチューニングから1~2本の弦を変化させるだけで、他のチューニングも試せるような順に紹介していきますので、気持ちもオープンにして、“響き”を楽しんで下さい!

◆「オープンC・チューニング」を変化させたチューニング




◆その他の特種なチューニング



◆Two-Note Tuning(ツー・ノート・チューニング)
その名の通り“2音”(2種類の音)のみで構成されるチューニングです。



◆ユニゾン・チューニング
 このチューニング法のバリエーションとして、“ユニゾン・チューニング”と呼ばれるチューニングがあります。
タッピングを多用するニュー・エイジ系のミュージシャンが好んで使用していて、チューニング全体の中の複数弦が「ユニゾン」(同じ音程の音)するようにチューニングします。2&3弦をユニゾンさせたり、3&4弦をユニゾンさせたり、1~3弦の3本の弦をすべて同じ音にしたり・・・・。
まずは、これまでに紹介してきた、ベースとなるチューニングの1部を変えて「ユニゾン」させる弦を作る方法で試してみて下さい。
 このチューニングは、どのような組み合わせでも「ユニゾン」している弦があれば“ユニゾン・チューニング”ということになってしまうので、代表的なチューニングがあるというよりも“自由に作り出すチューニング”という感じなので、作り方の手順だけ紹介しておきます。「この曲のためにこのチューニングがある」という感覚です。
自由な発想で作ってみてください。


結果的に『D-D-D-A-A-E』という「ユニゾン」を2つ含んだオリジナル・チューニングができあがりました。ちょっと12弦ギターを連想させる響きですね。
 このように自由な発想で“ユニゾン”になる弦を作ることにポイントを置いて、音を上げたり下げたりして曲にあったオリジナル・チューニングを作ってみて下さい!


◆オープン・コード系のチューニング


 この他にも「オープンD6」や「オープンAm7」など、チューニング全体の構成音が“あるコードの構成音”になるようにチューニングしてください。どんなコード・タイプでもかまいません。
いろいろ試して、おもしろいと思ったらメモしたりして、ぜひ自分の曲やアレンジに活かしてください。


◆ナッシュビル・チューニングについて
通常のレギュラー・チューニングの3~6弦を1オクターブ上げたチューニングです。
普通なら低いはずの弦が高い音で鳴るので不思議な感じがします。3弦の開放が1弦よりも高いんですから・・・。これまでに紹介してきたチューニングと違い弦を張り替えなければならないので、ちょっと手間がかかりますが、思ってもいないようなサウンドが得られることでしょう!レギュラー・チューニング以外のチューニングで試してみてもOKです。12弦ギターの対になっている方の弦を使うとよいでしょう。


いろいろなチューニングを紹介してきましたが結論を言ってしまえば、『ギターのチューニングには決まりは無い』ってことですね!今回、紹介しきれなかったチューニングもまだまだたくさんあります。ハワイなんかでは、各家々に伝わるオリジナル・チューニングがあるそうですよ!極端な話、自分の曲やアレンジの数だけオリジナル・チューニングあってもよいのです。曲の雰囲気やコード進行に合ったチューニングを思いつきでどんどん開発してみてください!新しい世界が開けることでしょう!

(C) 2001 D.C.T. Project.Co.,Ltd.