ギターベース弦楽器 アコースティックギター エレキギター クラシック/フラメンコギター ベース/コントラバス ウクレレ バイオリン類 その他弦楽器 エフェクター アンプ/キャビネット ピックアップ/アッセンブリ 弦楽器用パーツ 弦楽器用アクセサリ/周辺機器 弦楽器用ケーブル/弦 ドラムパーカッション打楽器 ドラム エレクトリックドラム パーカッション 打楽器用機材/パーツ/アクセサリ ピアノキーボードシンセ ピアノ/電子ピアノ キーボード/電子オルガン/オルガン シンセサイザー/音源モジュール 鍵盤楽器用機材/パーツ/アクセサリ ブラス管楽器 サックス トランペット トロンボーン その他管楽器 管楽器用機材/パーツ/アクセサリ その他楽器 その他楽器 レコーディングMIDIPA機材 MTR/レコーダー ミキサー/コンソール オーディオインターフェイス プラグインエフェクト/アウトボード マイクロフォン モニタースピーカー/アンプ ヘッドフォン/イヤフォン リズムマシン/シーケンサー ケーブル/電源 DTM/DAWソフト/ソフトウェア音源 MIDI関連 PA関連 DJ関連 ターンテーブル/プレイヤー/CDJ/DVJ DJミキサー DJ用エフェクター/サンプラー デジタルDJ関連 DJ用パーツ/アクセサリ CDDVD書籍類 CD/DVD/書籍/楽譜/教則本
すべて 除外
キーワード
除外キーワード X
  1. >
  2. >
  3. フレットで覚える音楽の仕組み |テンション・コードの作り方【1】

マイページ

ギタ-テクニック

フレットで覚える音楽の仕組み
はじめに
第1回 ドレミから始めよう!!
フレット上の音名を自分のものにする
第2回 リズムは基本 【1】
音符の長さを理解しよう
第3回 リズムは基本 【2】
リズム・パターンを読んで弾いてみよう
第4回 曲の構成を読む
譜面の読み進め方をマスターする
第5回 音程について
音程の距離を正確に把握しよう
第6回 コードについて 【1】
コードはどんな仕組みで成り立ってるの?
第7回 コードについて 【2】
ちょっと難しいコードもじっくり理解しよう
第8回 コードの作り方~基本編~
指板上のどこでもコードが作れる
第9回 コードの作り方~応用編~
これで480個のコードを作れるようになる!
第10回 テンション・コードの作り方【1】
「テンション」を押さえる指を確保しよう
第11回 テンション・コードの作り方【2】
どんなコードでもその場で作り出せる!
第12回 コード進行について
まずは基本の「ダイアトニック・コード」から

第10回 テンション・コードの作り方【1】

今回からコードの構成音をさらに増やしてテンション(Tension)・コードに入っていきたいと思います。
テンション(Tension)とは簡単に言うと「コード・トーン」+「テンション」という形で、コードにある種の緊張感をもたらします。「テンション」は“ナチュラル・テンション”(3度ずつの積み重ねでできるテンション)と“オルタード・テンション”(ナチュラル・テンション以外のテンション)の2種類に分けられます。
詳しくは下記の図を見てください。
普通は4和音(M7th、7th、6th、m7th、m7th(b5)、dim)に「テンション」を加える形をとります。
3和音(トライアド)に「テンション」を加える場合は“add”を使ってどの「テンション」を加えたかを示します。
ナチュラル・テンションとオルタードテンション
ナチュラル・テンション トライアド(3和音) 4和音をつくる音 オルタード・テンション
ナチュラル・テンション・・・3度ずつ(ひとつおき)自然に音を重ねたテンション。
“M7th”はテンション扱いにすると、ややこしくなってしまうので「9thからがテンション」という風に整理して問題ないでしょう。“11th”もIVコードなどではナチュラル・テンションにあたりますが、響きはオルタード・テンション的ですので、オルタード・テンション扱いにしてしまっても問題ないと思います。
“13th”は6thと同じ音なのでコードにM7th、7thが含まれない時は“6thコード”扱いになります。
オルタード・テンション・・・簡単に言えば「ナチュラル・テンション以外のコード」ということ。
#とbが付いているテンションという風に整理してしまってもかまわないでしょう。
b11th”は3rdと同じ音になってしまうので存在しません。
13th”も7thと同じ音にあたるので存在しません。

 以上が「テンション・コード」についての簡単な説明ですが、実際にギターで押さえる場合はいろいろと問題がでてきてしまいます。まずコードの構成音の数に対して『押さえる指が足りない』という問題が出てきます。
そこでコードの構成音をある程度「省略」しなくてはなりません。
音楽理論一般では“4Way Close Voicing”という考え方を用いて、「9th系を加えたらルートを省く」&「11th系を加えたら3rdを省く」&「13th系を加えたら5thを省く」というテンションのすぐ下のコード・トーンを省くという考え方を用いてコードの構成音が4つ(4和音)になるようにしますが、ギターではこの方法も適していません。
4本の指で押さえられて、尚かつそのコードの特徴をきちんと表せる方法をマスターしなければなりません。
ここからは順を追ってそのやり方を説明していきます。

STEP1
「テンション」を加えていくわけですから「テンション」は省略できませんので、コード・トーン『Root&3rd&5th&7th(M7th、6th)』の音の一部を省略していきます。
『Root&3rd&5th&7th(M7th、5th)』のうちコードの特徴を表現するのに最も影響の少ない音は“5th”です。
省略するならまず“5th”ということですね。
下図で各コード・フォームの“5th”の位置をチェックしてみてください。
 注: “5th”や“b5th”などの5thが変化しているコードの場合、“5thとb5th”の部分がそのコードの響きを決める重要な役割をしているので気を付けてください。
各フォームの音構成

Eフォーム Dフォーム Cフォーム Aフォーム
  Gフォーム
●全てのフォームに共通する特徴

 5thRootの右斜め上にある。
またはRootの真下にある。
(2&3弦の場合を除く)
 
 3rdRootのすぐ左斜め上にある。
(2&3弦の場合を除く)


Eフォームの5&6弦とAフォームの4&5弦の部分に注目してください。この部分だけを押さえるとロックなどではパワー・コード”と呼ばれる非常に力強い響きを持ったコードになります。
Rootと5thのみですのでメジャー・コードもマイナー・コードも関係ない強力なコードです。
逆にこのRootのすぐ上の5thを省略するとコードの響きがとてもやわらかくなります。
ジャズなどで使われるコードのほとんどは、この低音の5thを避けて押さえています。
下図で比較してみますので実際に音を出して確認してみてください。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


STEP2
“5th”の次に影響力の少ない音は実は“Root”です。特にバンドなどベースのいるアンサンブルの場合、“Root”を気軽に省略してかまいません。“Root”はベース・パートの人にまかせて自分(ギター)は効果的な響きを作ることに専念してしまうわけです。ただソロ・ギターなどの場合はやはり低音の“Root”があった方が響きが落ち着きますので、押さえ方に工夫が必要です。左手の「第5の指」である“親指”を積極的に使って、上から“Root”を握り込んでしまいましょう。
STEP1の図2で各フォームの“Root”の位置をチェックしておいてください。

STEP3
“5th”&“Root”を省略してしまったら、あと残っているのは“3rd”と“7th(M7th、6th)”です。“3rd”はそのコードが「メジャー・コード」なのか「マイナー・コード」なのかを決める重要な音ですのでなるべく残すようにします。それでもコード・フォームによっては“3rd”をカットしなければ「テンション」の音に指が届かない場合もでてきますので、そういう時は“3rd”を省略することもあります。
一方“7th”はそのコードの「響き」を決める重要な役割をしています。
コードの4つめの音にあたるこの部分が“7th”なのか“M7th”なのか“6th”なのかによってコードのキャラクターが決まるのです。なるべく省略したくない音ですね。


ここまでの説明をまとめてみると『“3rd”と“7th”があればコードのキャラクターを表せる』ということになります!実際に“3rd”&“7th”のみでコードが表せるかどうかやってみますので、フルに押さえたコードと比較してみてください。


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得




“3rd”&“7th(M7th、6th)”があればそのコードの特徴を表すことができるという事はおわかりいただけたでしょうか?これで「テンション」を押さえるための指を2本確保できたことになりますね。
これから「テンション・コード」を組み立てていく上で、この『“3rd”&“7th”+“テンション”』という考え方が基本になっていきます。尚、テンションは高音弦で鳴らした方が効果的なので“3rd”&“7th”が比較的真中にある「Eフォーム」「Cフォーム」がテンション・コードに多用されるようです。
詳しくは次回音を出しながら説明していきますのでお楽しみに!

↑上へ
(C) 2001 D.C.T. Project.Co.,Ltd.