ギターベース弦楽器 アコースティックギター エレキギター クラシック/フラメンコギター ベース/コントラバス ウクレレ バイオリン類 その他弦楽器 エフェクター アンプ/キャビネット ピックアップ/アッセンブリ 弦楽器用パーツ 弦楽器用アクセサリ/周辺機器 弦楽器用ケーブル/弦 ドラムパーカッション打楽器 ドラム エレクトリックドラム パーカッション 打楽器用機材/パーツ/アクセサリ ピアノキーボードシンセ ピアノ/電子ピアノ キーボード/電子オルガン/オルガン シンセサイザー/音源モジュール 鍵盤楽器用機材/パーツ/アクセサリ ブラス管楽器 サックス トランペット トロンボーン その他管楽器 管楽器用機材/パーツ/アクセサリ その他楽器 その他楽器 レコーディングMIDIPA機材 MTR/レコーダー ミキサー/コンソール オーディオインターフェイス プラグインエフェクト/アウトボード マイクロフォン モニタースピーカー/アンプ ヘッドフォン/イヤフォン リズムマシン/シーケンサー ケーブル/電源 DTM/DAWソフト/ソフトウェア音源 MIDI関連 PA関連 DJ関連 ターンテーブル/プレイヤー/CDJ/DVJ DJミキサー DJ用エフェクター/サンプラー デジタルDJ関連 DJ用パーツ/アクセサリ CDDVD書籍類 CD/DVD/書籍/楽譜/教則本
すべて 除外
キーワード
除外キーワード X
  1. >
  2. >
  3. >
  4. アコースティックギター | コードをおぼえよう

マイページ

ギタ-テクニック

はじめに
第1回 各部の名称
アコギの各部の名称
第2回 ギターの種類
アコギの種類について
第3回 ギターの選び方
ギター選びのポイント
第4回 まずはこれが必要
ギターを弾くにあたって必要なもの
第5回 ギターの持ち方
さまざまなシーンでのギターの構え方について
第6回 チューニングの手順
チューニングをしてみよう!
第7回 弦の基礎知識
弦の種類・材質・太さについて
第8回 弦交換の仕方
弦を張り替えてみよう!!
第9回 ギターでドレミ
フレットと音の関係
第10回 ハーモニクス
ナチュラル・ハーモニクスについて
第11回 TAB譜の読み方
TAB譜の読み方を解説
第12回 コードをおぼえよう
コードの押え方、読み方
第13回 パワー・コード
パワー・コードを弾いてみよう!
第14回 基本テクニック
ギターを弾くための基本テクニック
第15回 Fコードに挑戦
Fコード(バレー・コード)に挑戦しよう!!
第16回 B♭コードに挑戦
B♭コード(バレー・コード)に挑戦しよう!!
第17回 シンコペーション&アルペジオ
シンコペーション・アルペジオの解説
第18回 指で弾くアルペジオ
指弾きに挑戦しよう!!
第19回 ギター・リフ
『リフ』を弾いてみよう!!
第20回 シャッフル・ビート
『シャッフル・ビート』でブルースを弾こう
第21回 ストローク
12/8拍子のストロークにチャレンジしよう!
第22回 スリー・フィンガー
スリー・フィンガーにチャレンジ
第23回 ボサ・ノヴァ
ボサ・ノヴァにチャレンジしよう!!
第24回 お手軽クラシック・ギター
クラシックギターを弾いてみよう
第25回 お手軽カントリー・ギター
カントリー(ブルーグラス)を弾いてみよう
エレキギターはこちら
第12回 コードをおぼえよう
コード・ダイアグラム
ギター・プレイの楽しみのひとつに弾き語りや歌のバッキング(伴奏)などのコード・プレイが挙げられます。
コード(和音)を覚えていく時に、みなさんの手助けになるのが『コード・ダイアグラム』と呼ばれる「コードの押さえ方の表記」です。





コード・ネームの読み方と意味
ギターの譜面や弾き語り用の譜面などを見てみると、メロディを書いた5線譜の上に『A』とか『C△7』、『Dm7』などといった、英語の記号?が書かれているのを、よく目にすると思います。これが今後、ギターを練習したり、バンドでプレイしたり、音楽を作ったりする上で非常に重要な要素になる“コード(和音)”を表す表記なのです。
まずは、この得体の知れない記号の「読み方」とその「意味」について簡単に解説しておきますので必ず覚えて下さい。

  ■コードネームの見方
   
(基本)
Root
コードの中心になる音 

(音名)
この音名がそのまま
コードネームになります
3度
メジャーコードと
マイナーコードを
区別する

7th
表記されてない場合は
7th、7th又は6thを含まない3和音のみのコードということになる
組み合わせで上記の
種類のコードが表記できる

   (応用)



コードを押さえてみよう
実際にギターで“コード(和音)”を押さえてみましょう!そのコードがどのような音で構成されているのか?などという難しいことは後にして、Rootの音のみに注意して実際に“コード”を押さえてみましょう。最初は思った所に指がいかなかったり、余計な弦に指が触れてしまったり、きちんと弦を押さえられなかったりしてしまうと思いますが根性で克服してください。慣れれば、余計な力も抜けて楽に“コード”を押さえる事ができるようになりますので、工夫しながら毎日1度は押さえるようにして慣れていってください。

まず手始めに4つの簡単なコードを覚えてみましょう。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得




  ■コードをつなげて弾いてみよう!!
(コード・チェンジ)

今度は、上記で覚えた“コード”をつなげて(連続して)弾いてみましょう。いわゆる“コード・チェンジ”です。
リズムを止めずに“コード・チェンジ”できる事を目標にチャレンジしてください。
なんとなく「曲」らしくなってきましたよね! 頑張りましょう。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得





このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

○基本的に親指と人さし指でつまむ

○他の3本の指は寝ている時くらいに、力を抜くのがコツ
  (握らない、伸ばしきらない)

○軽く曲げた人さし指の指先に、親指の腹を軽くのせる感じ
  (決して力を入れない)

○ピックの先は親指から5ミリ~1センチ程度でているのが基本
  (深く握りすぎない)

○上から見てピックと親指が90度(直角)になっているのが基本




 8ビートのストローク
それでは今度は右手のストロークの練習に入りましょう。
合わせて、新しいコードもいくつか覚えてみましょう。
8ビートをストロークでプレイする時には『ダウン&アップ』の規則的な繰り返し(オルタネイト・ピッキングといいます)でストロークするのが基本になります。アップ・ピッキングは初めてですがとりあえず弾いてみましょう。
ルーツに帰ろう9回でも8ビートストロークについて説明しています
まずは新しいコードを覚えます。
A(エー)コードとそれを少し変化させたA△7(エー・メジャー・セブンス)コード、さらにE(イー)コードとそれを少し変化させたE7(イー・セブンス)コードの4つのコードにチャレンジです。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

きれいにストロークするための最大のコツは『6本の弦全部を弾かない』という事と『常に弦とピックが同じ距離で弾く』という事です。最初はどうしても力が入りすぎてしまって弦をかき鳴らしてしまい、音量もバラバラで安定しないストロークになってしまいがちです。“力を抜いて、少し抑えたくらいの音量で、バラ付きのない安定したストローク”を心がけてください。
腕ではなく、手首を柔らかく振ってストロークします。下記で各ストロークのコツを詳しく示してみますので参考にしてください。

ダウン・ピッキングのコツ

●POINT1 『弦とピックの距離に注意
ピックの先端が弦にギリギリ触れる距離を保つ。弦に対してピックを深く当ててしまうと、ひっかかってしまい音も汚くなる。弦に触れるか触れないかの距離を一定に保って、手首を使って「シャラン」というイメージの音がするようにストロークする。


●POINT2 手首がかえらないように
腕自体は軽く反動をつける程度しか振らずに、手首から先の重みを利用して、力を抜いて手首を振る。手を洗った後に水を振り払う時の要領で。その時に真下に水が飛ぶようにスナップを効かせてシャープに振り抜くこと。手首がかえって、前に水が飛ばないように注意する。



アップ・ピッキングのコツ
●POINT31~3弦のみ弾くつもり
ダウン・ストロークで振り切った手首をまっすぐに戻す動きのみでストロークします。この時6本全部の弦をかき上げようとしないで、1~3弦のみを弾くようなイメージで、少し角度を付けてみてください。ピックはダウンの時と同じように弦に対して深く当てないように注意してください。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得




 ■アクセントをつけよう!!

ほとんどのポピュラー・ミュージック(ポップス、ロック、ブルース、ジャズなど)では
2&4拍(アフター・ビートと呼ばれます)にアクセントが付いていて、ノリを出すための重要な要素になっています。
「8ビートストローク」のパターンにアクセントを付けて弾いてみましょう。 だんぜん“音楽”らしくなってきましたよね。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



 「アクセント」=「強調」という意味なので、どうしても“力”でアクセントを付けようとして力んでしまいがちですが、
 全体の音量を変えずに弾く弦を弾き分ける事でアクセントを付ける事ができます。
 アクセントの無い1&3拍めでは6~3弦くらいの低音寄りの弦をストロークして、
 強調したい2&4拍(アフター.ビート)では4~1弦くらいの高音寄りの弦をストロークします。
 すると、力加減は変えずに一定の音量の中で「アクセント」を付ける事ができます。
 これは「高い音の方が目立つ」という聴覚上の感覚を利用したわけです。


 同じコード進行で、“力”でアクセントを付けてしまった「悪い例」を弾いてみますので、「良い例」と聞き比べてみてください。

  悪い例 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



(C) 2001 D.C.T. Project.Co.,Ltd.