ギターベース弦楽器 アコースティックギター エレキギター クラシック/フラメンコギター ベース/コントラバス ウクレレ バイオリン類 その他弦楽器 エフェクター アンプ/キャビネット ピックアップ/アッセンブリ 弦楽器用パーツ 弦楽器用アクセサリ/周辺機器 弦楽器用ケーブル/弦 ドラムパーカッション打楽器 ドラム エレクトリックドラム パーカッション 打楽器用機材/パーツ/アクセサリ ピアノキーボードシンセ ピアノ/電子ピアノ キーボード/電子オルガン/オルガン シンセサイザー/音源モジュール 鍵盤楽器用機材/パーツ/アクセサリ ブラス管楽器 サックス トランペット トロンボーン その他管楽器 管楽器用機材/パーツ/アクセサリ その他楽器 その他楽器 レコーディングMIDIPA機材 MTR/レコーダー ミキサー/コンソール オーディオインターフェイス プラグインエフェクト/アウトボード マイクロフォン モニタースピーカー/アンプ ヘッドフォン/イヤフォン リズムマシン/シーケンサー ケーブル/電源 DTM/DAWソフト/ソフトウェア音源 MIDI関連 PA関連 DJ関連 ターンテーブル/プレイヤー/CDJ/DVJ DJミキサー DJ用エフェクター/サンプラー デジタルDJ関連 DJ用パーツ/アクセサリ CDDVD書籍類 CD/DVD/書籍/楽譜/教則本
すべて 除外
キーワード
除外キーワード X
  1. >
  2. >
  3. >
  4. エレキギター | ギター・リフ

マイページ

ギタ-テクニック

はじめに
第1回 各部の名称
エレキ・ギターの各部の名称
第2回 ギターの種類
エレキ・ギターの種類について
第3回 ギターの選び方
ギター選びのポイント
第4回 まずはこれが必要
ギターを弾くにあたって必要なもの
第5回 ギターの持ち方
さまざまなシーンでのギターの構え方について
第6回 チューニングの手順
チューニングをしてみよう!
第7回 弦の基礎知識
弦の種類・材質・太さについて
第8回 弦交換の仕方
弦を張り替えてみよう!!
第9回 ギターでドレミ
フレットと音の関係
第10回 ハーモニクス
ナチュラル・ハーモニクスについて
第11回 TAB譜の読み方
TAB譜の読み方を解説
第12回 コードをおぼえよう
コードの押え方、読み方
第13回 パワー・コード
パワー・コードを弾いてみよう!
第14回 基本テクニック
ギターを弾くための基本テクニック
第15回 Fコードに挑戦
Fコード(バレー・コード)に挑戦しよう!!
第16回 B♭コードに挑戦
B♭コード(バレー・コード)に挑戦しよう!!
第17回 シンコペーション&アルペジオ
シンコペーション・アルペジオの解説
第18回 指で弾くアルペジオ
指弾きに挑戦しよう!!
第19回 ギター・リフ
『リフ』を弾いてみよう!!
第20回 シャッフル・ビート
『シャッフル・ビート』でブルースを弾こう
第21回 ストローク
12/8拍子のストロークにチャレンジしよう!
第22回 ブラッシングアクセント
ブラッシングを使ってアクセントをつけよう!
第23回 ピック・アップ・セレクターの基礎知識
ピック・アップ・セレクターについて解説!!
第24回 お手軽ジャズ・ギター
ジャズギターを弾いてみよう
エレキギターはこちら
第19回 ギター・リフ
『リフ』を弾いてみよう!!
“リフ”とは・・・イントロや間奏、Aメロなどに使用される印象的なフレーズ。
ロックなどではこの“リフ”が非常に大切な役割を担っています。曲の印象を決定づけるのも“リフ”の役割です。
色々な“リフ”を弾くことでギターのテクニックも磨くことができます。
弾いていても楽しい練習だと思いますので、気に入った譜例をどんどん弾いてみて下さい。
では実際にいくつかの簡単な8ビートのリフを弾いてみましょう。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得




16ビートの“リフ”弾いてみよう

 16ビートとは1拍を4つに分けたリズムです。


■譜例11
 

4分音符
(1拍)
同じ長さ
16分音符
16ビートの基本ピッキング

 では「ブラッシング」で16ビートの基本の動き(ピッキング)を練習してみましょう。

■譜例12
Fの形でG7コードを押さえます

ブラッシング
左手の力を抜いて、音を消したままピッキングする奏法を「ブラッシング」といいます。
この時左手の指は常に弦に触れておくことが大切です。


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


  このようにアクセントの位置をずらして、どのポイントでもリズムに「のれる」ようにしていくのが
リズム感を良くするポイントです。 ※詳しい練習法はルーツへ帰ろう 第9回 FUNK編1 を参照して下さい。

 それでは16ビートのリフを弾いてみます。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得



(C) 2001 D.C.T. Project.Co.,Ltd.