ギターベース弦楽器 アコースティックギター エレキギター クラシック/フラメンコギター ベース/コントラバス ウクレレ バイオリン類 その他弦楽器 エフェクター アンプ/キャビネット ピックアップ/アッセンブリ 弦楽器用パーツ 弦楽器用アクセサリ/周辺機器 弦楽器用ケーブル/弦 ドラムパーカッション打楽器 ドラム エレクトリックドラム パーカッション 打楽器用機材/パーツ/アクセサリ ピアノキーボードシンセ ピアノ/電子ピアノ キーボード/電子オルガン/オルガン シンセサイザー/音源モジュール 鍵盤楽器用機材/パーツ/アクセサリ ブラス管楽器 サックス トランペット トロンボーン その他管楽器 管楽器用機材/パーツ/アクセサリ その他楽器 その他楽器 レコーディングMIDIPA機材 MTR/レコーダー ミキサー/コンソール オーディオインターフェイス プラグインエフェクト/アウトボード マイクロフォン モニタースピーカー/アンプ ヘッドフォン/イヤフォン リズムマシン/シーケンサー ケーブル/電源 DTM/DAWソフト/ソフトウェア音源 MIDI関連 PA関連 DJ関連 ターンテーブル/プレイヤー/CDJ/DVJ DJミキサー DJ用エフェクター/サンプラー デジタルDJ関連 DJ用パーツ/アクセサリ CDDVD書籍類 CD/DVD/書籍/楽譜/教則本
すべて 除外
キーワード
除外キーワード X
  1. JギターHOME >
  2. ギタ-テクニック >
  3. 動画でレビュー!! J-Guitar試奏室 >
  4. BOSS VE-2 Vocal Harmonist

マイページ

動画でレビュー!! J-Guitar試奏室

BOSS × 岩下潤

今回はボス株式会社によるボーカルエフェクター「VE-1 ボーカル・エコー」と「VE-2 ボーカルハーモニスト」の2機種を、岩下 潤氏が女性ゲストと共にアコースティックギターの弾き語りを交えて試奏します。当コーナー初となるボーカルエフェクターが様々なシチュエーションでどのようなパフォーマンスを発揮するのか、岩下 潤氏初披露の歌声と共にお楽しみください!

BOSS VE-2 Vocal Harmonist

美しいハーモニーでボーカルの表現力を高める簡単操作のペダル・エフェクト「VE-2 ボーカルハーモニスト」。
ギター演奏のコード進行を自動分析し美しいハーモニーを生み出す、まさに弾き語りミュージシャンに最適な夢のようなツール。
ボーカルのクオリティを格段に向上させる高品位なリバーブ/ディレイも搭載、電池駆動にも対応し、ストリート・パフォーマンスから屋内演奏まで、あらゆるシチュエーションに対応するペダル型エフェクター。

岩下潤

岩下 潤(いわした じゅん)
Jギターのギターテクニックのメインライター。高田馬場でジャグ・サウンズ・ギタースクールを主宰。著書:自由現代社「アッと驚く 独奏アコギ・パーフェクト・レッスン(DVD付)」など。

BOSS VE-2 Vocal Harmonist

*)サウンドの繊細なニュアンスを捕らえるため、ヘッドホン/イヤホンの使用をおすすめします。

■ 機能と使い方
BOSS VE-2 Vocal Harmonist 「機能と使い方」
■ 色々なメロディでのハーモニー
BOSS VE-2 Vocal Harmonist 「色々なメロディでのハーモニー」
■ 女性ヴォーカルでの例
BOSS VE-2 Vocal Harmonist 「女性ヴォーカルでの例」
クローズアップ
ギターの弾き語りに最適なオート・ハーモニスト

VE-2にギターをつないで歌えば、自動でコード進行を分析。曲中の転調やノンダイアトニック・コードにも追従し、ボーカリストの歌声に最適なハーモニーを付け加えることができる。また、ギターを演奏できなくても、曲のキーを指定することで簡単にハーモニーを生成させることも可能。さらにハイブリッド・モードでは、指定したキーとギターのコードを検出し最適化されたハーモニーを生成、より複雑なギター・プレイにも対応する。

ギターの弾き語りに最適なオート・ハーモニスト
ワンタッチ簡単接続

マイクやアンプへはXLRタイプコネクターケーブル(別売)にてワンタッチ接続。面倒な接続や時間のかかるセッティングも不要なため、すぐに演奏に向かえる。また、ノイズキャンセラーにより常にクリーンで安定したサウンドが得られ、ボーカリストをステージでの余計なストレスから開放する。

ワンタッチ簡単接続
12種類のハーモニー・タイプ

ボーカリストの歌声に一声、または二声の和声を加える12種類のハーモニー・タイプを備え、さまざまなジャンルやスタイルに合わせたボイシングを簡単に選択できる。また、それぞれのハーモニー・タイプにはさらに音の厚みを増やし、ゴージャスな響きを作り出すバリエーションを用意。軽い色づけからリッチなアンサンブルまで、1ランク上のサウンドが簡単に手に入れられる。

12種類のハーモニー・タイプ
簡単操作のシンプルインターフェイス

基本操作はボタンとツマミを使用、現在どんなハーモニーがついているのか一目でわかるハーモニー・タイプ・インジケーターの搭載により、音響機材に詳しくない人でも求めているサウンドを簡単に探すことができる。また、本体にお気に入り設定を3つまで保存し、ボタン1つで呼び出すことも可能。別売のフットスイッチ(BOSS FS-6/FS-5U)を接続すれば、パフォーマンス中にも VARIATION ボタンの ON/OFF と MEMORY の切り替えができる。

簡単操作のシンプルインターフェイス
ボーカル・サウンド・メイキングの必須エフェクト

エコー・セクションでは、高品位のリバーブとディレイ(同時使用可能)を、ツマミを回すだけで直感的に使うことができる。また、Enhanceボタンによりボーカルの入力レベルを均等化、より洗練されたサウンドにすることが可能。さらに安定したハーモニーをつけるためにソフトなピッチ補正を加えることも可能。XLR入力端子はファンタム電源の供給が可能で、コンデンサー・マイクを使ったスタジオ・レベルのレコーディングにも対応する。

ボーカル・サウンド・メイキングの必須エフェクト
PC接続でボーカル・レコーディング

USBケーブルでPCと接続し、普段どおりにDAWソフトを使うだけで、簡単にボーカルにハーモニーとエフェクトを加えて録音可能。また、ループバック機能を使えばPCからのバッキング・トラックとマイクからのボーカルをミックスして録音可能。ボーカルエフェクターとして以外にも、録音や作曲など音楽制作シーンでも活用できる。

PC接続でボーカル・レコーディング
規定入力レベルMIC IN=-40dBu(MicSens=Center)、GUITAR IN=-10dBu
入力インピーダンスMIC IN=4kΩ、GUITAR IN=1MΩ
規定出力レベルXLR OUT=-40dBu、PHONES/LINE OUT=-20dBu、GUITAR THRU=-10dBu
出力インピーダンスXLR OUT=600Ω、PHONES/LINE OUT=33Ω
エフェクト・タイプHARMONY、ECHO、ENHANCE
ハーモニー・タイプ数12×2(VARIATION)
メモリー数3
接続端子MIC IN端子(XLRタイプ、バランス、ファンタム電源(DC 46V、10mA Max))、GUITAR IN端子(標準タイプ)、GUITAR THRU端子(標準タイプ)、XLR OUT端子(XLRタイプ)、PHONES/LINE OUT端子(ステレオ・ミニ・タイプ)、VARIATION, MEMORY▲端子(TRS標準タイプ)、USB COMPUTER端子(USBタイプB)、DC IN端子
電源充電式ニッケル水素電池(単3形)×4、アルカリ電池(単3形)×4、ACアダプター(別売)
消費電流最大200mA(9V時)
連続使用時の
電池の寿命
充電式ニッケル水素電池(※1)=約12時間(ファンタム電源:オフ)、約8時間(ファンタム電源:オン)、アルカリ電池=約11時間(ファンタム電源:オフ)、約7時間(ファンタム電源:オン)
※1:容量2,450mAhの充電式ニッケル水素電池を使用した場合の時間です。 ※電池の仕様や使用状態によって異なります。
付属品取扱説明書、「安全上のご注意」チラシ、保証書、アルカリ電池(単3形)×4
別売品ACアダプター(PSA-100)、フット・スイッチ(FS-5U、FS-6、FS-7)
外形寸法幅 (W)156 mm 奥行き (D)116 mm 高さ (H)64 mm
質量600 g
J-Guitarで探す

■ 他のモデルのレビューを見る

岩下潤

◆ 試奏を終えて・・・

歌った瞬間、リアルタイムにハモりを付けてくれる夢のようなエフェクターでした。
しかも電池駆動もできるので、場所を選ばずどこでもパフォーマンスできてしまいます。
ハモりの実力は、キー内だけでなくノンダイアトニックや部分転調などにもしっかり正確に反応してくれ、驚くほど優秀でした。 歌詞にも正確に反応してくれるので、ライブでも即戦力になるはずです。
付属のリバーブも品質が高く好印象。ピッチ補正もしてくれるので、多少ズレても気にすることなく思いきり歌えました(笑)
ハモりの種類(音程)も選べてイメージ通りに作ることができますし、操作も簡単で直感的に使えるので、エフェクターに慣れていない人でもすぐに使いこなせると思います。私も試奏を忘れて楽しんでしまいました。

岩下潤

太田智絵(おおた ちえ)
シンガーソングライターを目指し専門学校に進学。オリジナル曲を中心に弾き語り・サポートバンド編成でライブ活動を行う。
後にギターでの弾き語りスタイルでを極める事を決心。ギタリスト岩下潤氏のギタースクールに通い、基礎から学ぶ。オリジナル曲ではPOPSを歌っていたがこれをきっかけにBLUESにハマり現在はPOPS、BLUESの両面でライブ活動をする為日々訓練中。 好きな食べ物は鯖の味噌煮。

(C) 2001 D.C.T. Project.Co.,Ltd.