ギターベース弦楽器 アコースティックギター エレキギター クラシック/フラメンコギター ベース/コントラバス ウクレレ バイオリン類 その他弦楽器 エフェクター アンプ/キャビネット ピックアップ/アッセンブリ 弦楽器用パーツ 弦楽器用アクセサリ/周辺機器 弦楽器用ケーブル/弦 ドラムパーカッション打楽器 ドラム エレクトリックドラム パーカッション 打楽器用機材/パーツ/アクセサリ ピアノキーボードシンセ ピアノ/電子ピアノ キーボード/電子オルガン/オルガン シンセサイザー/音源モジュール 鍵盤楽器用機材/パーツ/アクセサリ ブラス管楽器 サックス トランペット トロンボーン その他管楽器 管楽器用機材/パーツ/アクセサリ その他楽器 その他楽器 レコーディングMIDIPA機材 MTR/レコーダー ミキサー/コンソール オーディオインターフェイス プラグインエフェクト/アウトボード マイクロフォン モニタースピーカー/アンプ ヘッドフォン/イヤフォン リズムマシン/シーケンサー ケーブル/電源 DTM/DAWソフト/ソフトウェア音源 MIDI関連 PA関連 DJ関連 ターンテーブル/プレイヤー/CDJ/DVJ DJミキサー DJ用エフェクター/サンプラー デジタルDJ関連 DJ用パーツ/アクセサリ CDDVD書籍類 CD/DVD/書籍/楽譜/教則本
すべて 除外
キーワード
除外キーワード X
  1. JギターHOME >
  2. ギタ-テクニック

マイページ

ギタ-テクニック

Guitarよもやま話
第1回 オクターブチューニングをあわせよう
あなたのギターは大丈夫?
第2回 “ウラ拍”を鍛えよう
ノリの基本はバックビート
第3回 ネックをチェックしよう
ネックは生きている
第4回 色々なフラット・ピックを試そう!
ピックによってキャラクターの違う音が出る
第5回 「耳コピ」にチャレンジしよう!
「根気」と「慣れ」が大事!
第6回 コードをぶっちぎれ!
理論はあとまわしでとりあえず楽しもう!
第7回 変則チューニング大百科1
オープンやドロップチューニング
第8回 変則チューニング大百科2
少し変わったチューニングにもチャレンジ!
第9回 ハンマリング・オンとプリング・オフ
項目別基本テクニックCHECK!第一回
第10回 トリル、グリス&スライド
項目別基本テクニックCHECK!第二回
第11回 チョーキング
項目別基本テクニックCHECK!第三回
第12回 ビブラート
項目別基本テクニックCHECK!第四回
第13回 アルペジオ
これは便利!!右手パターン集【1】
第14回 右手バリエーション
これは便利!!右手パターン集【2】
第15回 ピック・カッティング
これは便利!!右手パターン集【3】
第16回 ピックで弾くアルペジオ他
これは便利!!右手パターン集【4】
第17回 ウォーム・アップ・エクササイズ
運指トレーニングを兼ねたエクササイズ
第18回 ウォーム・アップ・エクササイズ2
実戦に役立つエクササイズ
第19回 歪みを知る!
いい音を作るために基本を理解しよう!
第20回 手クセ・フレーズ集
“すぐに使える”便利なフレーズ集
第21回 エフェクターの接続順
どんな種類があるの?接続順は?
第22回 アンプ&エフェクター
状況別セッティング例を紹介!
第23回 音楽用語辞典
今さら聞けない用語をピックアップ
第24回 TAB譜記号辞典
色々な奏法を示す“記号”を理解しよう
第3回 ネックをチェックしよう

 ギターのネックには、弦を張った状態で約50kg~70kgの力がかかっています。しかも、ほとんどのネックは木でできているので、季節による気温・湿度などの影響を受けやすいのです。
ネックは常に変化していて、生きていると考えてよいでしょう。自分のギターのネックの状態を的確に把握して、常によい状態を保つのもギタリストにとって大切な仕事です。

◆ネック反りの種類と症状

1, <順反り

弦の張力に負けて、反ってる状態。
●症状 
・弦高が高くなる
・7フレット以上のハイポジションで弦のビリつきが出る
・チョーキングすると音が途切れてしまう


2, <逆反り>

ネックの反発力が強すぎて逆に反っている状態。
●症状 
・弦高が低くなる
・5フレット以下のローポジションで弦のビリつきが出る



3, <波打ち>


ハイポジションが順反りで、ローポジションが逆反りしている状態。
またはその逆。
●症状 
・順反りと逆反りの複合なのでわかりにくいが、ある一定のポジションのみでビリつきが出ることが多い



4, <ハイポジ起き>(腰起き)


トラスロッドのアジャストが効かない。
ハイポジションから順反っている状態。
●症状 
・アコースティックギターやセットネックのギターに多い症状で、12フレット以上のハイポジションでビリつきが出ることが多い



5, <ねじれ>



●症状 
・1弦側と6弦側の反りの状態が違い修理も難しい

◆ネック反りの見方
方法1.「指板の端」または「フレットの端」が直線になっているかどうかを見る方法
 1弦側と6弦側の両方でチェックしてください。

方法2.チューニングされた弦がまっすぐなので、それを利用する方法
 1フレットと最終フレットの2箇所を押さえて、真ん中あたりの弦とフレットの隙間を見てチェックします。
ハガキ1枚分あるかないかの隙間で、軽く弦をたたくと音が出る状態がベストです。隙間が広ければ“順反り”。
まったく隙間が無くて、弦がフレットにくっついていれば“逆反り”。という風に判断できます。
フレットと弦の隙間を見る

参考・・・1フレットと12フレットを押さえて、上記と同じ要領でローポジジションの反りをチェックしたり、5フレットと最終フレットを押さえて、ハイポジションの反りをチェックしたりすることもできます。
さらに、この作業を1~6弦のすべてで行えば、ネックの状態についてかなり調べることができるでしょう。



◆トラス・ロッドによるネック調整の仕組み

現在売られているほとんどのギターのネックには、補強用の鉄の棒(トラス・ロッド)が中に埋め込まれていて、アジャスト(調整)できるものが主流です。

順反りの場合
●弦の張力にネックが負けているわけだからネジを締める要領で、トラスロッドを右に回すと、ネックの反発力が強まってもどる。
逆反りの場合
●弦の張力よりネックの反発力の方が良いので、ネジを緩める要領で、ドラスロッドを左に回すとネックの反発力が弱まって、もどる。

トラス・ロッドを回して軽いネック反りは自分で調整することも可能ですが、一気に回し過ぎると、ネックが割れてしまうこともあるので基本的にはネックの修理・調整は専門のリペアマンに任せた方がよいと思います。
(C) 2001 D.C.T. Project.Co.,Ltd.