ギターベース弦楽器 アコースティックギター エレキギター クラシック/フラメンコギター ベース/コントラバス ウクレレ バイオリン類 その他弦楽器 エフェクター アンプ/キャビネット ピックアップ/アッセンブリ 弦楽器用パーツ 弦楽器用アクセサリ/周辺機器 弦楽器用ケーブル/弦 ドラムパーカッション打楽器 ドラム エレクトリックドラム パーカッション 打楽器用機材/パーツ/アクセサリ ピアノキーボードシンセ ピアノ/電子ピアノ キーボード/電子オルガン/オルガン シンセサイザー/音源モジュール 鍵盤楽器用機材/パーツ/アクセサリ ブラス管楽器 サックス トランペット トロンボーン その他管楽器 管楽器用機材/パーツ/アクセサリ その他楽器 その他楽器 レコーディングMIDIPA機材 MTR/レコーダー ミキサー/コンソール オーディオインターフェイス プラグインエフェクト/アウトボード マイクロフォン モニタースピーカー/アンプ ヘッドフォン/イヤフォン リズムマシン/シーケンサー ケーブル/電源 DTM/DAWソフト/ソフトウェア音源 MIDI関連 PA関連 DJ関連 ターンテーブル/プレイヤー/CDJ/DVJ DJミキサー DJ用エフェクター/サンプラー デジタルDJ関連 DJ用パーツ/アクセサリ CDDVD書籍類 CD/DVD/書籍/楽譜/教則本
すべて 除外
キーワード
除外キーワード X
  1. JギターHOME >
  2. ギタ-テクニック

マイページ

ギタ-テクニック

Guitarよもやま話
第1回 オクターブチューニングをあわせよう
あなたのギターは大丈夫?
第2回 “ウラ拍”を鍛えよう
ノリの基本はバックビート
第3回 ネックをチェックしよう
ネックは生きている
第4回 色々なフラット・ピックを試そう!
ピックによってキャラクターの違う音が出る
第5回 「耳コピ」にチャレンジしよう!
「根気」と「慣れ」が大事!
第6回 コードをぶっちぎれ!
理論はあとまわしでとりあえず楽しもう!
第7回 変則チューニング大百科1
オープンやドロップチューニング
第8回 変則チューニング大百科2
少し変わったチューニングにもチャレンジ!
第9回 ハンマリング・オンとプリング・オフ
項目別基本テクニックCHECK!第一回
第10回 トリル、グリス&スライド
項目別基本テクニックCHECK!第二回
第11回 チョーキング
項目別基本テクニックCHECK!第三回
第12回 ビブラート
項目別基本テクニックCHECK!第四回
第13回 アルペジオ
これは便利!!右手パターン集【1】
第14回 右手バリエーション
これは便利!!右手パターン集【2】
第15回 ピック・カッティング
これは便利!!右手パターン集【3】
第16回 ピックで弾くアルペジオ他
これは便利!!右手パターン集【4】
第17回 ウォーム・アップ・エクササイズ
運指トレーニングを兼ねたエクササイズ
第18回 ウォーム・アップ・エクササイズ2
実戦に役立つエクササイズ
第19回 歪みを知る!
いい音を作るために基本を理解しよう!
第20回 手クセ・フレーズ集
“すぐに使える”便利なフレーズ集
第21回 エフェクターの接続順
どんな種類があるの?接続順は?
第22回 アンプ&エフェクター
状況別セッティング例を紹介!
第23回 音楽用語辞典
今さら聞けない用語をピックアップ
第24回 TAB譜記号辞典
色々な奏法を示す“記号”を理解しよう
第4回 色々なフラット・ピックを試そう!

楽器屋さんのピック売り場にはたくさんの種類のピックが置いてありますが、それぞれどんな特徴があるのか試してみたことはありますか? ギタリストなら興味がありますよね。
個人個人の弾き癖、ピッキングの弦に対する角度や強さなどによっても音が違いますのでちょっと微妙な話ですが、これから述べることを参考にしていろいろ実験してみてください。

◆形による違い

 市販のピックの代表的な形を例にあげてみます。
1, おにぎり型


・ストロークに向いている
・単音は比較的太い音がする
・(a)(b)(c)すべての角が使えるので経済的
・速い単音フレーズを弾くのには向かない

2, ティアドロップ型


・最もポピュラーな形
・カッティング、単音ともに弾きやすい
・(a)で弾くと鋭い音がして、(b)で弾くと太く甘い音になるので音色を変えられる

3, 小型三角形型

・厚手のものが多く、速弾きに向いている
・小さいので、ストローク、カッティングは弾きにくい
・音は堅め

4, 大型三角形型


・主にベーシストが使うことが多い
・ギターには大きすぎるので、細かいプレイには向かない
・ストロークはできるかも…

5, ホームベース型


・小型三角形型と同じように、速弾きに向いている
・特徴も小型三角形型と似ている
・厚さはいろいろあるので、音色が選べる

◆固さ(厚さ)による違い
ハード&EXハード
ロック系のギタリストが使うことが多い。音は堅めでアタックが強い。
音の立ち上がりも良いので、キレのある演奏ができる。ピックがブレないので速弾きにも向いている。
アコースティック・ギターなどの弦の太いギターで単音を弾く時は、このハードのピックが良いかも・・。
ピックが強すぎるのでストロークには向かない。
ミディアム
適度にピックが反るので、16ビートのカッティングなどにスムースなストロークができる。
単音を弾いた時も、微妙なピックの反りがイイ味を出してくれる。
単音、カッティングともに使いやすい固さだろう。手元で最も多彩な音色をコントロールすることができる。
やわらかさ、材質によっても音が違うので、奥深いピックと言える。じっくり選ぼう。
ソフト(THIN)
代表的な使い方としては、アコースティック・ギターのストロークなどで使われることが多い。
アタックが弱く、やわらかい音がするので、パット・メセニーなどのジャズ・ギタリストが単音を弾くのに用いることがある。
ピックのしなるペタペタした感じが好きな人も多い。

◆材質による違い
樹脂製
プラ系、ナイロン系、セル系など、プラスチックとはいってもいろいろな種類がある。
最もポピュラーで値段の安い。厚さも様々なものが出ているので、いろいろ試してみよう。音色は標準的。
カーボン製
うすいが非常に固い材質。アタックも強く、鋭い音がする。
固い素材なので、あまり擦れずに経済的かも…。
べっ甲製
明るい音色。倍音が豊かでアコースティック向け。音の立ち上がりも速いので単音を弾いても気持ちよい。
ワシントン条約の影響で一時は手に入りにくかったが最近は比較的出回っているが高価。
石製
極端に厚手なものが多い。アタックが強く太い独特の音が出る。
倍音の混ざり方も、石ならではのものがある。パット・マルティーノなどが使用している。
木製
これも厚手のものが多く太い音がする。指の形に合わせて削ってあるものも出ている。
石よりも甘い音がする。木目もきれいで、使用するのがもったいないくらい。
ブラスや他の金属製
金属製の弦で使用すると、金属どうしのこすれる音が気になることもあるが、倍音の豊かな鋭い音が出る。
弦が切れやすいかも。ブライアン・メイなどはコインで弾いている。


◆弦に対するピッキングの角度による音の違い

(1)親指側にかたむける
太く、アタックの強い音が出せる。ピッキングの抵抗も少なく単音弾きに向いている。
ロック系のギタリストに多いタイプ。
(2)フラットにあてる
ナチュラルでコントロールがしやすい。アルペジオなどダウン・アップで音色を変えたくない時にも良い。
万能なピッキングだが音が少し細い。
(3)人さし指側を前に出す
体の大きい人や黒人のギタリストに多いタイプ。最も太い音がして粒立ちもよい。ギターをかかえこむスタイルなので日本人だとキビしいかも。音は良いです。

いかがですか? ひと口にピックと言っても形、固さ、材質などによってぜんぜんキャラクターの違った音が出るものです。自分なりに色々なピックを試して自分のスタイルやサウンドに合うピックを探し出すのも楽しみの一つだと思います。
(C) 2001 D.C.T. Project.Co.,Ltd.