ギターベース弦楽器 アコースティックギター エレキギター クラシック/フラメンコギター ベース/コントラバス ウクレレ バイオリン類 その他弦楽器 エフェクター アンプ/キャビネット ピックアップ/アッセンブリ 弦楽器用パーツ 弦楽器用アクセサリ/周辺機器 弦楽器用ケーブル/弦 ドラムパーカッション打楽器 ドラム エレクトリックドラム パーカッション 打楽器用機材/パーツ/アクセサリ ピアノキーボードシンセ ピアノ/電子ピアノ キーボード/電子オルガン/オルガン シンセサイザー/音源モジュール 鍵盤楽器用機材/パーツ/アクセサリ ブラス管楽器 サックス トランペット トロンボーン その他管楽器 管楽器用機材/パーツ/アクセサリ その他楽器 その他楽器 レコーディングMIDIPA機材 MTR/レコーダー ミキサー/コンソール オーディオインターフェイス プラグインエフェクト/アウトボード マイクロフォン モニタースピーカー/アンプ ヘッドフォン/イヤフォン リズムマシン/シーケンサー ケーブル/電源 DTM/DAWソフト/ソフトウェア音源 MIDI関連 PA関連 DJ関連 ターンテーブル/プレイヤー/CDJ/DVJ DJミキサー DJ用エフェクター/サンプラー デジタルDJ関連 DJ用パーツ/アクセサリ CDDVD書籍類 CD/DVD/書籍/楽譜/教則本
すべて 除外
キーワード
除外キーワード X
  1. JギターHOME >
  2. ギタ-テクニック

マイページ

ギタ-テクニック

Guitarよもやま話
第1回 オクターブチューニングをあわせよう
あなたのギターは大丈夫?
第2回 “ウラ拍”を鍛えよう
ノリの基本はバックビート
第3回 ネックをチェックしよう
ネックは生きている
第4回 色々なフラット・ピックを試そう!
ピックによってキャラクターの違う音が出る
第5回 「耳コピ」にチャレンジしよう!
「根気」と「慣れ」が大事!
第6回 コードをぶっちぎれ!
理論はあとまわしでとりあえず楽しもう!
第7回 変則チューニング大百科1
オープンやドロップチューニング
第8回 変則チューニング大百科2
少し変わったチューニングにもチャレンジ!
第9回 ハンマリング・オンとプリング・オフ
項目別基本テクニックCHECK!第一回
第10回 トリル、グリス&スライド
項目別基本テクニックCHECK!第二回
第11回 チョーキング
項目別基本テクニックCHECK!第三回
第12回 ビブラート
項目別基本テクニックCHECK!第四回
第13回 アルペジオ
これは便利!!右手パターン集【1】
第14回 右手バリエーション
これは便利!!右手パターン集【2】
第15回 ピック・カッティング
これは便利!!右手パターン集【3】
第16回 ピックで弾くアルペジオ他
これは便利!!右手パターン集【4】
第17回 ウォーム・アップ・エクササイズ
運指トレーニングを兼ねたエクササイズ
第18回 ウォーム・アップ・エクササイズ2
実戦に役立つエクササイズ
第19回 歪みを知る!
いい音を作るために基本を理解しよう!
第20回 手クセ・フレーズ集
“すぐに使える”便利なフレーズ集
第21回 エフェクターの接続順
どんな種類があるの?接続順は?
第22回 アンプ&エフェクター
状況別セッティング例を紹介!
第23回 音楽用語辞典
今さら聞けない用語をピックアップ
第24回 TAB譜記号辞典
色々な奏法を示す“記号”を理解しよう
第6回 コードをぶっちぎれ!

今回は「ギターの持つ、わけのわからないパワーとか偶然性」についてです。
ギターって楽器はシンプルで かなりテキトーでも弾けてしまうところがまたいいんです。
「理論はあとまわしでとりあえず楽しみたい!」なんて思っている人はたくさんいるでしょう?
また、コードネームはわからないけれど偶然にカッコイイ響きになったりすることってありますよね。これは大切なこと。インスピレーションとか思いつきとか感覚的な部分を大切にして、どんどん曲作りやギター・アレンジに応用していって下さい。バンド仲間に、「そのコードは何?」と聞かれても「これに合わせて弾いてよ!」と開き直っちゃいましょう。

◆アイディア1
 「ロー・コードをそのままずらす 
 
~ベースをキープしながらずらす(A系)~
  
 
コードをずらすことによって、実際は色々なテンションが加わりますが、ここでは細かいことは気にせずに
  「Aコード」のバリエーション的にとらえて、思いつくままに移動してください。





◆アイディア2  「チューニングを変える
ギターのチューニングは“ペグ”を回すだけで簡単に変えることができますよね?
弦を巻き付けるだけの簡単な構造なのでチューニングが狂いやすいという欠点はありますが、これを逆に利用して自分のプレイに活かしてみましょう!
ベースを“その曲のKey”に合わせてチューニングしたり、トップ・ノートを“ペダル”させる時に1弦を好きな音にチューニングしたり、いろいろな可能性があります。
もちろんきちんとした「オープン・チューニング」を利用してもおもしろいサウンドになりますが、ここではあくまで難しいことは考えずに感覚にまかせて“ペグ”を回してください。
出来上がったチューニングがどんなものでも、カッコよく響けばOKです!
例5.  例2の要領で「Dadd9コード+α」を下記の順にずらすパターンを作ったとします。
Keyが「D」なのでベース音が4弦にきてしまい低音が足りない感じがするので、6弦を
“1音”下げて(E→D)低い「D」のベース音を出せるようにします。
レギュラー・チューニングに比べて“深い”サウンドになります。


 6弦を1音下げたことで、ずっと「D音」のベースを鳴らしておけるのと1弦の「E音」がDコードに対して“9th”ととして鳴り続けるのでより広がりのあるサウンドになる。


◆アイディア3
 「テキトーに押さえる
これは今回でもっとも“安易”なアイディアですが、これがやってみると結構おもしろいんです。
できるだけ考えずに任意のフレットを押さえるだけです。あとは“運”まかせ・・・。
この時ベース音だけ決めておくとすぐに曲に使えます。かなり“あやしいサウンド”もできてしまうでしょうが、あとは感じ方次第です。音が重なってるわけですから、なにかしらの“コード”を構成しているはずなので、後から分析してみるのも勉強になるかもしれませんよ。
例6.  指が届く範囲でこんな風に押さえてみました。開放弦を混ぜるとより効果的です。
う~ん、あやしい・・・。




ギター(音楽)を勉強していくと変に理屈っぽくなったり、自分の知識の範囲で決めつけたりしてしまいがちですね。常に、今自分の出している音やフレーズに“気持ち”が乗っているか?それは自分が聞きたい音なのか?という事が重要。理屈じゃなくカッコイイものが正しいのです。また、ちょっと壊れた感じとか、心地いい違和感みたいなものが、よい意味で“毒”になって人の心に響いたりすることもあるものです。
自分の感覚を信じて、常に頭を柔らかくしてギターを楽しみましょう。

(C) 2001 D.C.T. Project.Co.,Ltd.