ギターベース弦楽器 アコースティックギター エレキギター クラシック/フラメンコギター ベース/コントラバス ウクレレ バイオリン類 その他弦楽器 エフェクター アンプ/キャビネット ピックアップ/アッセンブリ 弦楽器用パーツ 弦楽器用アクセサリ/周辺機器 弦楽器用ケーブル/弦 ドラムパーカッション打楽器 ドラム エレクトリックドラム パーカッション 打楽器用機材/パーツ/アクセサリ ピアノキーボードシンセ ピアノ/電子ピアノ キーボード/電子オルガン/オルガン シンセサイザー/音源モジュール 鍵盤楽器用機材/パーツ/アクセサリ ブラス管楽器 サックス トランペット トロンボーン その他管楽器 管楽器用機材/パーツ/アクセサリ その他楽器 その他楽器 レコーディングMIDIPA機材 MTR/レコーダー ミキサー/コンソール オーディオインターフェイス プラグインエフェクト/アウトボード マイクロフォン モニタースピーカー/アンプ ヘッドフォン/イヤフォン リズムマシン/シーケンサー ケーブル/電源 DTM/DAWソフト/ソフトウェア音源 MIDI関連 PA関連 DJ関連 ターンテーブル/プレイヤー/CDJ/DVJ DJミキサー DJ用エフェクター/サンプラー デジタルDJ関連 DJ用パーツ/アクセサリ CDDVD書籍類 CD/DVD/書籍/楽譜/教則本
すべて 除外
キーワード
除外キーワード X
  1. JギターHOME >
  2. ギタ-テクニック

マイページ

ギタ-テクニック

Guitarよもやま話
第1回 オクターブチューニングをあわせよう
あなたのギターは大丈夫?
第2回 “ウラ拍”を鍛えよう
ノリの基本はバックビート
第3回 ネックをチェックしよう
ネックは生きている
第4回 色々なフラット・ピックを試そう!
ピックによってキャラクターの違う音が出る
第5回 「耳コピ」にチャレンジしよう!
「根気」と「慣れ」が大事!
第6回 コードをぶっちぎれ!
理論はあとまわしでとりあえず楽しもう!
第7回 変則チューニング大百科1
オープンやドロップチューニング
第8回 変則チューニング大百科2
少し変わったチューニングにもチャレンジ!
第9回 ハンマリング・オンとプリング・オフ
項目別基本テクニックCHECK!第一回
第10回 トリル、グリス&スライド
項目別基本テクニックCHECK!第二回
第11回 チョーキング
項目別基本テクニックCHECK!第三回
第12回 ビブラート
項目別基本テクニックCHECK!第四回
第13回 アルペジオ
これは便利!!右手パターン集【1】
第14回 右手バリエーション
これは便利!!右手パターン集【2】
第15回 ピック・カッティング
これは便利!!右手パターン集【3】
第16回 ピックで弾くアルペジオ他
これは便利!!右手パターン集【4】
第17回 ウォーム・アップ・エクササイズ
運指トレーニングを兼ねたエクササイズ
第18回 ウォーム・アップ・エクササイズ2
実戦に役立つエクササイズ
第19回 歪みを知る!
いい音を作るために基本を理解しよう!
第20回 手クセ・フレーズ集
“すぐに使える”便利なフレーズ集
第21回 エフェクターの接続順
どんな種類があるの?接続順は?
第22回 アンプ&エフェクター
状況別セッティング例を紹介!
第23回 音楽用語辞典
今さら聞けない用語をピックアップ
第24回 TAB譜記号辞典
色々な奏法を示す“記号”を理解しよう
第5回 「耳コピ」にチャレンジしよう!

J-Guitar.com の掲示板「誰か教えて!」に耳コピについての質問がありました。
スタッフにとっても大変興味のある事柄なので早速「フレット・・・」と「ルーツ・・・」を担当してもらっている
岩下潤さんに質問してみました。
そういうわけで 今回は岩下さん流の「耳コピの秘訣」を紹介します。

岩下さん流・耳コピの秘訣

「耳コピってどうやればいいんですか?」という質問をよくされるんですが、これだけは「根気」と「慣れ」の世界だと思うので、少しずつ自分でやってみるしかないと思います。(絶対音感のない人の場合)。
そこで今回は、僕なりの「耳コピ」のコツとか手順などを説明していきます。僕のやり方が100%正しいわけではないのですが、みなさんが「耳」コピをする時の“参考”にしてもらえればと思います。

用意するもの

カセットテープ ステレオラジカセ(安価なものでよい) 五線譜ノートやTAB譜など 筆記用具 ギター
これらに加えてCDなどのコピーしたい元の音をカセットに録音できるオーディオ機器(CDラジカセでもよい)

あると便利なもの

「耳コピ」をするのに、音程を変えずにスピードだけを遅くできる“フレーズ・サンプラー”や“DJ用のCDプレーヤー”などがあるとさらに便利でしょう。これらの機械を使うと、音程はそのままにコピーしたい部分のスピードだけを落とせるスグレ者なので、速弾きなどの高速フレーズをコピーする時など助かります。
最近では単体のもの以外にも、マルチ・エフェクターに内蔵されていたりもするので手に入りやすくなっています。機会があれば試してみて下さい。


◆「耳コピ」のやり方(僕流の手順)

1.CDなどからコピーしたい曲やフレーズをカセットに録る。
  (この時、基準音をチェック)

2.ラジカセで再生してで調べた基準音に合わせて、
自分のギターをチューニングする。
3.音をコピーする。

例1
“単音をコピーする
1. 「ド・ソ・ミ」というフレーズがあったとします。音がとれなかったらまず、「ド」とフレーズの最初の音が鳴ったところで「STOP」ボタンを押して音を止めます。人間の耳は最後に鳴った音を覚えているので、ギターでその音を探してメモしておきます。
2. 次に「ド・ソ」と2つ目の音が鳴ったところで「STOP」します。「ド」に対して「ソ」という音との距離から音を探したり、さきほどの要領で耳に残った音を探したりします。
3. 次に「ド・ソ・ミ」と最後の音が鳴ったところで音を止めます。
同じ要領でギターで音を探して下さい。
4. 音がとれたら「ド・ソ・ミ」とフレーズ全体を聞きながらリズムを調べてメモします。
5. カセットに合わせて弾いてみて下さい。

※1音1音、順番にとっていくので、かなりの手間と時間がかかりますが、このやり方ならほとんど正確に音を拾うことができると思います。
例2
コードをとる
1. コードの場合も単音の時と同様に、調べたいコードが鳴ったところで
「STOP」ボタンを押して音を止めます。
2. まず、そのコードの1番低い音だけを聞き取ります。
3. 次にそのコードの1番高い音を聞き取ります。 低い音と高い音の両はじの音がとれたら、
  だいたいのポジションの当たりをつけてみます。
4. 暗い響きか明るい響きかを判断して、マイナーコードかメジャーコードを調べます。
5. 2~4のことを踏まえて、真ん中の音を聞き取ってみます。
  あとはKeyや前後のコードとの流れでコードを決めます。
◆「耳コピ」のポイント
カセットテープ
 まず、僕の経験上「耳コピ」をするならカセット・テープが1番だと思います。
なぜならカセットが1番「STOP」ボタンを押した時の止まる精度がよいからです。狙った音でピッタリ止めることが「耳コピ」の際には大切なのでアナログで安価なカセット・テープ&ラジカセが1番よいでしょう。時代はMDやCD-Rなどのデジタル化の方向に進んでいますが「耳コピ」には絶対カセット・テープがお薦めです!
チューニング
 カセットの唯一の弱点はデッキによるテープ回転数の誤差があるということです。
これによって、音程が狂ってしまいます。CDやレコードなどで原曲のポイントになる音から、曲やフレーズの“基準になる音”や“オリジナル・Key”をしらべておく事が大切です。
ここで調べた音を目安に、コピー時にラジカセから再生される音とギターをチューニングして下さい。
表記法
 「昔はレコードが擦り切れるくらい聞いて、それに合わせて何度も弾いて覚えたもんだ」みたいな話をよく耳にしますが、時間が無い時や覚え切れないという人は、自分なりの表記法を決めておくとよいでしょう。
コピーした音を正確な譜面におこす必要はないので、最低限、自分にわかる書き方で十分だと思います。
僕の場合はたいていTAB譜(数字のみ)にリズム譜だけ付けるやり方でメモしています。それと、後で応用できるようにKeyやコードを書いておきます。
リズム
 フレーズや曲のコード進行などをコピーした時に、リズムだけは正確に理解して書けるようにしましょう。
そうでないと「どの小節でコードが変わったか?」とか「どんなリズムのフレーズなのか?」などの大切な情報を知ることができないからです。リズム譜を書く練習も必要ですが、手でひざや机をたたいてビートを刻みながら、常に口でリズムを歌う(言う)クセをつけて下さい。
雰囲気&呼吸
 「耳コピ」をする時に、音の1つ1つが正確に拾えることよりも、そのミュージシャンの持つ“呼吸”や“間”を盗むことの方が大切だと思います。
「どのタイミングでフレーズを弾きはじめるのか?」とか「どんなタイミングで音を切っているか?」とか「強弱の付け方はどうか?」など、自分の憧れのミュージシャンの“間”や“フィーリング”、“フレーズの歌わせ方”などを盗んで下さい。チョーキングやビブラート、リズムの「タメ」などの表現方法や「音色」を含めた“個性”を学ぶためにも「耳コピ」は大切な勉強だと思います。楽しみながら頑張って下さい。

僕なりの「耳コピ」のやり方(かなり手間のかかる方法ですが・・・)を紹介してみましたが、人それぞれ、やり方も聞こえ方も違うと思うので、いろいろな方法を試しながら「短いフレーズ」や「メロディ」などの簡単なものからどんどんチャレンジして下さい。慣れてくれば、どのポジションで弾いてるのか?とか、Keyは何か?などすぐにわかるようになります。
くり返しやってみることが大切です!頑張って下さい。 ( by JUN IWASHITA )

(C) 2001 D.C.T. Project.Co.,Ltd.