ギターベース弦楽器 アコースティックギター エレキギター クラシック/フラメンコギター ベース/コントラバス ウクレレ バイオリン類 その他弦楽器 エフェクター アンプ/キャビネット ピックアップ/アッセンブリ 弦楽器用パーツ 弦楽器用アクセサリ/周辺機器 弦楽器用ケーブル/弦 ドラムパーカッション打楽器 ドラム エレクトリックドラム パーカッション 打楽器用機材/パーツ/アクセサリ ピアノキーボードシンセ ピアノ/電子ピアノ キーボード/電子オルガン/オルガン シンセサイザー/音源モジュール 鍵盤楽器用機材/パーツ/アクセサリ ブラス管楽器 サックス トランペット トロンボーン その他管楽器 管楽器用機材/パーツ/アクセサリ その他楽器 その他楽器 レコーディングMIDIPA機材 MTR/レコーダー ミキサー/コンソール オーディオインターフェイス プラグインエフェクト/アウトボード マイクロフォン モニタースピーカー/アンプ ヘッドフォン/イヤフォン リズムマシン/シーケンサー ケーブル/電源 DTM/DAWソフト/ソフトウェア音源 MIDI関連 PA関連 DJ関連 ターンテーブル/プレイヤー/CDJ/DVJ DJミキサー DJ用エフェクター/サンプラー デジタルDJ関連 DJ用パーツ/アクセサリ CDDVD書籍類 CD/DVD/書籍/楽譜/教則本
すべて 除外
キーワード
除外キーワード X
  1. >
  2. >
  3. 即戦力シリーズ|ギターで作曲【1】

マイページ

ギタ-テクニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
今回からリニューアル・スタートしたこのコーナーでは
「ルーツへ帰ろう!」&「フレットで覚える音楽の仕組み」の続編として
2つのコンテンツで勉強した基礎を活かして、より実戦的でわかり易く進めていきます。
わからない用語などがでてきたら前の2つのコーナーを見直してください。
第1回
ギターで作曲【1】
まずは基本の「ダイアトニック・コード」から
ギターで作曲【2】
「偽終止」と「サブ・ドミナント・マイナー」
ギターで作曲【3】
サビ作りの要になる「セカンダリー・ドミナント」
ギターで作曲【4】
「おいしいコード」&「トゥ・ファイブ」
ギターで作曲【5】
ウラ・コード&コード装飾法
ギターで作曲【6】
ディミニッシュ&オーギュメント
ギターで作曲【7】
マイナーkey&マイナースケール
ギターで作曲【8】
分数コードによるベース・ラインなど
メジャースケールを覚えよう!【1】
指板上の並び方と覚え方
メジャースケールを覚えよう!【2】
“アセらず毎日”がキーワード
メジャースケールを覚えよう!【3】
コード・フォームとスケール・フォーム
コード・トーン・アルペジオ
“メロディアス”な感じを出そう
ペンタトニック裏技使用法【1】
ソロに『ペンタ』で“色”を加える
ペンタトニック裏技使用法【2】
『ペンタ』を使った様々なコード進行
マイナースケールを極めよう!!
基本のスケール3種類を覚えよう
モードの世界
7種類の“モード”を理解しよう
モードの世界2
“モード”の雰囲気をつかもう
リディアン7thスケール
あらゆるジャンルに適応できるスケール
ダブル・ストップを極めよう!!【1】
“オシャレ”な複音フレーズをマスター
ダブル・ストップを極めよう!!【2】
ギタープレイの幅をどんどん拡げよう
ホールトーン・スケールとコンディミ
“サウンド”で雰囲気をつかもう
トライアド(3和音)+α
トライアドとおいしい音で組み立てるフレーズ
使えるブルースバッキング【1】
気の利いたバッキング
使えるブルースバッキング【2】
使える6種類のバッキングを紹介

第1回 ギターで作曲【1】 ~簡単コード進行理論~

このコーナーでは、いろいろな『コード進行のルール』について項目別に解説していきます。
代表的なコード進行にはそれぞれ名前が付いていて、それぞれの特徴を持っています。過去の名曲の中にも頻繁に出てくるこれらの「コード進行の特徴」をしっかり覚えてしまう事が自分のイメージを素早く形にするために必要なことです。あくまで理論ではなく、過去のミュージシャン達の素晴らしいアイディアをもらうつもりで取り組んでください。アコギでコードをかき鳴らして鼻歌を歌うもっともシンプルなやり方で作曲にチャレンジしていきましょう。
「フレットで覚える音楽の仕組み」で解説した内容をしっかり理解していることが必要です。頑張りましょう!
by 岩下 潤
 
前回(フレットで覚える音楽の仕組み12回)で「ダイアトニック・コード」について解説しましたが、この「ダイアトニック・コード」のそれぞれのコードにはしっかりと役割分担があり、「コード進行」を演出しているのです。
まずは「ダイアトニック・コード」を“3つのグループ”(3つの役割)に分類していきます。
下図を参考にして下さい。

  ダイアトニック・スケール(メジャー・スケール)・・・基本となるスケール

KeyCのダイアトニック・コード=ダイアトニック・スケール (基本となるスケール)の上にできる基本となるコード
ダイアトニック・を分類してみましょう


  役割分担
トニック
(T)
安定している、優等生という性格をもつグループ。
C△7&Em7&Am7・・・コード進行を落ち着かせる役割
(I△7)(IIIm7)(VIm7)
サブ・ドミナント
(S.D.)
あいまい、八方美人という性格をもつグループ。
 F△7&Dm7・・・
(IV△7)(IIm7)
『サブ』なのでドミナントをサポートしたり、ドミナントの代わりをしたりする役割
ドミナント
(D)
不安定にさせる、不良という性格をもつグループ。
 G7&Bm7(5)・・・ 流れ壊して不安にさせる役割
(V7)(VIIm7(5))

  では、3つのグループそれぞれの特徴をイメージできるように“音”で例をあげて説明してみます。

 トニック(T)
△7&IIIm7&VIm7・・・7thはなくてもよい
(C△7)(Em7)(Am7)

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


このように「ダイアトニック・コード」は『トニック』&『サブ・ドミナント』&『ドミナント』の3つのグループ(役割)に分類されます。ではどうしてこのように分類されるのか詳しく見ていきましょう。

トニック (T)

Em7(IIIm7)はC△9( I△9)のRoot省きと同じ
Am7(VIm7)はC6( I 6)と同じ

サブ・ドミナント (S.D.)
Dm7(IIm7)はF6(IV6)と同じ

ドミナント (D)

Bm7(5)(VIIm7(5))はG7(V7)とのRoot省きと同じ


それぞれの代表コード・・・トニック=I 、サブ・ドミナント=IV 、ドミナント=V を 『スリー・コード』と呼びます。
この『スリー・コード』だけでも曲は作れますし、『スリー・コード』だけでできている名曲もたくさんあります。
ブルースやR&R、初期のロックなどは『スリー・コード』でできている曲が多いようです。

(C) 2001 D.C.T. Project.Co.,Ltd.